Faセンサ主要各社の重点製品 機種豊富で多用途に対応回転型・静止型「トルクセンサー」信明電機

2010年11月24日

信明電機は、DCソレノイド、トルクセンサー、オプトセンサー、発信型近接センサー、オートロックブレーカー、応用機器・システムなどを製造販売している。光電・近接、トルクセンサーは独自の技術により、精度が高く品質も優れているため、生産現場、検査部門から社会インフラ、アミューズメント分野まで幅広く採用されている。

トルクセンサーは歪ゲージを検出部に応用し、微少トルクの一般測定用から品質管理、工程管理などのセンサーとして活躍している。

検出母材に独特の処理を施し機構的に新方式(特許申請)を採用することで推力の影響を減じ微少トルクの測定を正確に検知でき、従来困難であった領域でも測定を可能にしている。また、独自の衝撃アブソーバを採用しているため感知部を衝撃から守り、寿命を大幅に延ばしている。

機種は、センサー部に回転力を持たせた回転微少型DM、DMPAシリーズ、回転力を持たない静止型SM、SSM、SMPAシリーズを用意している。増幅表示器、増幅器、表示器も揃えている。
(http://www.avis.ne.jp/~shinmei/)