2010年モノづくり白書「主要製造業の課題と展望」⑮航空機産業次世代環境航空機の拠点構築

2010年10月13日

1、現状 航空機産業は、今後20年間で民間機市場において約300兆円規模の需要が見込まれている成長産業であると同時に、その発展は部品・材料産業の高度化を通じて我が国製造業全体の高度化をもたらすなど、我が国の戦略産業の一つである。また、航空機は重要な防衛装備の一つであることから、航空機産業は我が国安全保障基盤の一翼を担っている。 我が国においては、戦後7年間の空白期間を経て航空機産業の活動が再開され、以来半世紀余りが経過した。この間、我が国航空機産業は、先進諸外国へのキャッチアップに努めた時代に始まり、国産旅客機開発に挑戦した時代を経て、1980年代以降は国際共同開発に参画する時代へと着実に発展…