Faセンサー主要各社の重点製品 ジックAGV衝突防止センサ「S350」 レーザーで障害物など検知

ジックは国際物流総合展で、同社の誇る最新物流向けセンサ/ソリューションを多数披露する。

主な出展製品は、ICR880によるOCR/VCSアプリケーション、AGV向けソリューションとして、ナビゲーションセンサNAV350、衝突防止センサS350、光学式リニアエンコーダOLM100、ローラエンコーダDFV60、各種衝突防止センサなどのほか、各種距離センサ、各種バーコードリーダ、ビジョンセンサ、各種レーザ測定システム、セーフティライトカーテンC4000fusionを用いたパレタイジングアプリケーションなど。

このうち、AGVの衝突防止センサS350は、非接触バンパーに使用可能なセーフティレーザースキャナで、レーザースキャニングの原理によって前方の人体や障害物を検知し、AGVを安全に停止させるための信号を供給する。

スキャニング角度は270度、距離は2メートルまでの範囲を防護でき、スピードは120メートル/分まで対応が可能。

一方、ナビゲーションセンサNAV350は、周囲に添付したリフレクタマークの位置をレーザースキャニング原理で割り出し、AGVの2次元座標位置と方向を検出できる。
(http://www.sick.Jp)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG