経済産業省 国内投資促進円卓会議を設置国内投資促進へプログラム作成太陽光発電など市場拡大に期待 カギ握る省エネの技術

2010年9月15日

経済産業省は国内投資の誘引へ国内投資促進円卓会議を設置、10~11月を目途に今後半年から1年の間に実施すべき対応策「国内投資促進プログラム」をまとめるが、FA制御機器・システム各社は太陽光発電、風力発電などの再生可能エネルギー、蓄電池・燃料電池、省エネルギー分野の市場拡大につながる具体的な支援策に期待している。プログラムの骨子は、工場・事業所の国内立地促進、本社等機能の国内立地促進、ものづくり基盤を支える中小企業対策など。低炭素関連産業の国内立地や研究開発を支援する内容が盛り込まれる。 低炭素社会の実現には、産業構造の転換が余儀なくされる。第二次産業では、鉄やセメントなどエネルギー多消費産業の…