FTB研究所を設立 65歳で起業の堀岡佑吉氏

2010年8月11日

国内半導体装置メーカーと太陽電池開発に取り組み、韓国の太陽電池材料メーカーの要請があれば出向き、台湾でも技術指導に励む傍ら、結晶製造装置・方法で特許を取得するなど東奔西走のシニア世代技術者が「次世代に知恵の結晶を残したい」と会社を設立した。 新会社は先端技術ビジネスの英文名の頭文字を並べた「FTB研究所」。 社長の堀岡佑吉氏は、シリコンウエハー大手の現SUMCOの技術開発担当取締役を経て5年前に退社の経歴の持ち主。「本来なら晴耕雨読の生活を送る」はずが、退社後も休む暇なくあちこちに呼ばれ指導している。 省配線企業の知財管理、国内や台湾、韓国の半導体材料製造装置メーカーの技術指導、太陽電池結晶製…