IDEC RS485の増設に対応マイクロPLC通信モジュール発売

IDECは、クラス最高速の処理能力を持つ高機能マイクロPLC「MICROSmart
Pentra(FC5A形)シリーズ」用の増設RS485通信モジュール「FC5A―SIF4形」をグローバル発売した。標準価格1万3900円、初年度販売目標はグローバルで1000台。

同社はこれまで、FC5A形に対応する増設RS232Cモジュールを投入し、RS232Cの通信を3ポート以上必要とするアプリケーションに対応してきたが、RS485通信を2ポート以上必要とするアプリケーションが国内外ともに増加しており、今回の新製品投入となった。

RS485通信ポートを持つPLC周辺機器との接続に対応するほか、北米を中心に普及しているMODBUS通信もサポート、幅広いアプリケーションに対応する。さらに、1台のPLCに複数のマスタとスレーブを持たせるシステム構築によるビル管理、工場内の遠隔監視などの用途にも対応する。

FC5A形オールインワンタイプは最大3台まで、同スリムタイプは最大5台までRS485通信モジュールの増設が可能。さらに、本増設RS485通信モジュールを使用することで、オールインワンタイプで最大4ポート、スリムタイプは最大6ポートまでRS485ポートの拡張が可能。

RS485通信ポートは全てマスタ機能を有し、それぞれ31台のスレーブが繋がる1:n通信(MODBUS通信・ユーザ通信)が可能。これによりオールインワンタイプでは最大124台、スリムタイプでは最大186台のスレーブを持つシステム構成が可能である。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG