配電制御システム 配線制御システム各社1次産業の受注増加に期待 植物工場を3年で3倍増に漁業の食品加工機械化も増勢 大きい制御システム投資額

2010年4月28日

経済産業省、農林水産省は、植物工場の設置数を3年後までに3倍増にする計画をスタート、植物工場モデル施設を全国展開し普及を図っている。また、食品加工機械施設の整備支援にも乗り出している。各社は、受注へ営業を強化しており、不況が長引く中で、1次産業の配電制御システム市場は今後大きな成長が見込める。 全国の植物工場は昨年4月時点で50カ所。経済産業省、農林水産省は21世紀のインフラ整備として植物工場の3倍増へ普及拡大を目指している。植物工場関連機器の基盤技術研究拠点の整備、モデルの展示、工場リース支援などを展開している。 植物工場は農地のほか、宅地、雑種地、工業用地などにも設置可能であり、立地場所を…