安川電機 好調続くサーボモータ生産「R1000プロジェクト」で増産に対応

2010年5月19日

安川電機のACサーボモータ事業が、急速な拡大を見せている。現在の生産水準はボトムであった2008年4月の4倍となっており、しばらくはこの状態が続くと見ている。受注を支えているのは半導体・液晶製造装置や電子部品実装装置向けで、中国市場向けではNC工作機械やマシニングセンタ向けなども好調だ。同社では、「R1000プロジェクト」などで増産に対応している。 「ACサーボの受注は09年10月頃から計画以上に入り始めた。09年下期は09年上期比倍増、ボトムであった08年4月の4倍を計画していたが、実際はこの計画を更に5%も上回って現在は東京工場開設以来、最高の水準で推移している。半導体・液晶製造装置や電子…