因幡電機産業 システム販売を拡大 ヤマハのロボットとコラボ推進

因幡電機産業は、SE力を強化しシステム販売を拡大する。このほどヤマハ発動機との取引を開始し、同社の小型単軸ロボットと制御機器メーカーとのコラボレーションを積極的に推進することで、駆動系システムの販売強化を図るとともに、同システムにかかわる周辺制御機器の拡販も進める。

ヤマハ発動機は、コアテクノロジーである小型エンジン技術を中心に、FRP加工技術や、制御技術、コンポーネント技術を深化させている。特に産業用ロボットや表面実装機に携わるIM(インテリジェント・マシナリー)事業では、各種産業用ロボットが高い評価を得ていることに加え、パソコンなどのプリント基板に電子部品を実装するサーフェイスマウンタで世界トップレベルの出荷台数を誇っている。

ヤマハが積極展開している小型単軸ロボット「トランサーボ」は、ステッピングモータとサーボモータ双方の優れた特性を併せ持った新タイプの小型単軸ロボット。独自のベクトル制御により高速運転でタクト短縮を実現。耐環境性に優れ、大きなモーメント負荷にも対応し、省エネ性も高い。

因幡電機産業では現在、ユーザーに最適な製品・システム、さらにソリューションを提供するために、SE力の強化を図っている。また、ユーザーとの強固な信頼関係を築くことを重点課題としている。このため、従来の単品販売からシステム販売の強化を図っている。

今回、ヤマハ発動機との取引開始もその一環。小型単軸ロボットを中心とした駆動系のシステムをユーザーに提供することで、同システムの制御周辺機器を担当する可能性が高いオムロンやIEI、コンテックなどの制御機器メーカーとのマッチングをより加速させ、システム展開の幅が広がる相乗効果を狙っている。先日開催の「ジャンボびっくり見本市」でも、オムロンなどの制御機器でトランサーボを駆動させるデモンストレーションを行い、来場者の高い関心を呼んだ。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG