三菱電機、FA機器の海外販売加速 12年にもアジアトップへ 世界シェア20%に向け布右

三菱電機FAシステム事業本部は、海外販売戦略の具現化へ積極的に対策を講じ始めた。同社が掲げるFA機器販売戦略「世界市場占有率20%」の実現には、日系企業の進出が著しいアジア市場で2012年度にもトップに立つ必要があるとして、中国市場での制覇を目指している。FA機器とFAオープンネットワーク「CC―Link」は表裏一体の関係が強まり全方位の販売対策が求められる中で、市場獲得の速度を速めるため製品開発を強化する一方、関連する企業との製品提携や資本参加を進める。同社は世界市場を見据え、10年前から「グローバル20」を掲げ市場占有率の引き上げに取り組んでいる。

「欧米の比率は下がっているものの(競合メーカーの)シーメンス、ロックウエルに対しアジアは我々が有利に展開、目標に少し近づいた」(FAシステム事業本部機器計画部宮田芳和部長)としているものの、中国・アジア市場の獲得で一気に到達する方針だ。

国内市場では、制御機器関連ではPLC、プログラマブル表示器などでシェアトップに立ち、CC―Linkの普及率も高い。韓国、台湾市場でも同様に市場を獲得している同社は「12年にアジアナンバーワン」(宮田部長)を目指している。

その鍵を握るのは、FA市場規模が2000億円とも推定され、引き続き拡大を続ける中国市場。

「中国は社会インフラ系が多かったが、半導体や液晶、さらに自動車の設備投資も動き、当社も売り上げが過去最高のレベルに達した」(宮田部長)なかで、さらに勢いをつける。

欧米FA総合メーカーが中国・アジア市場で、コンピュータレベルからI/Oレベルまでのオープンネットワーク普及戦術でFA機器の売り上げ増加につなげているなかで、同社にとって中国市場で競合する上で機械・機器間の省配線システム技術が欠かせない。コンピュータレベル、コントローラレベル、フィールドレベルまでの統合ネットワークCC―Linkを発信する同社が、省配線システムメーカーでセンサー開発に乗り出したエニイワイヤに資本参加したのも、その一環。「グローバル展開の中でCC―Linkの魅力を高めるためには、ネットワークとしての広がりが必要である。センサー・入出力レベルの省配線システムに優れた技術を持っている会社」(同)とエニイワイヤを評価したうえでの判断。

伝送速度の速いCC―Link
L/Tと省配線システムAnywireでI/Oレベルを補完し合いユーザーを獲得する。

特に、中国を第一に重視する同社は、省配線システムを半導体・液晶製造設備などに売り込む。共同の製品開発などは今後詰めるとするが「エニイワイヤの省配線システム、センサー開発技術と当社技術とを融合させたい。三菱ブランドの製品も開発する。3年後には30億円の純増効果を目指す」(同)方針。

同社は、オープンネットワークと連係するFA機器で「駆動」「制御」エリアで品ぞろえしているが、「入出力」エリアでも、センサー関連でコグネックス(米国)、ジック(ドイツ)などと製品提携をし「点」から「面」へと広げている。エニイワイヤのセンサー・システムが加わり面の拡大も望めるものと見られる。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG