因幡電機産業 組み込み技術セミナー大阪で100人が参加し開催

因幡電機産業は、組み込み技術セミナー「INABA
Seminar
Embedded
Technology
Solution
2010」を大阪の同社本社ビルで12日開催、約100人が参加した。

同セミナーは、同社産機本部Eテック事業部が注力する組み込み技術を応用した製品・システムの最新情報をユーザー中心に紹介するもので、今年で4回目となる。

今回は「制御とPCの融合を目指して―新しい組み込みシステムの夜明け」をテーマに、Avalue社が取扱製品やソリューションの紹介、ソルナック社が「ハードディスクのスクリーニング技術」、マイクロソフト社が「Windows7
Embedded製品の紹介」、リンクス社が「ハルコン世界最先端画像処理」、さらに因幡電機産業Eテック事業部が新製品ロードマップとアプリケーション事例について紹介した。

会場には各社の展示コーナーも設けられ、iEi、コンテック、東芝パソコン、デジタル、EBN、Avalue、ハルコン、ロムウィン、TDK、ソルナック、Linx、インターフェイス、マイクロネットなどが出展した。

セミナーの冒頭あいさつに立った同社吉田益巳産機本部長は「組み込み技術セミナーの開催にあたり、ユーザーの方々に行ったアンケートでは、組み込み技術のアプリケーションシステムを紹介して欲しいという要望が強く、今回は同システムに関わる新しいメーカーの方にも講演をお願いした。PCに組み込む新しいアプリケーションは、年々拡大しており避けて通れない。今回のセミナーでヒントを持ち帰り、ビジネスチャンスのひとつとしてお役立て頂ければ幸いだ」とのべた。

なお、同社では2月26日、東京ビッグサイト703会議室でも組み込みセミナーを開催する。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG