育て!期待の新芽 国際電業空調ダクト用プラズマ自動切断機 8年で業界トップの座射る

2010年3月10日

制御機器・装置では発売後2~3年を新製品とする中で、専門メーカーの製品が短期間で頂点に立った。「育て!期待の新芽」の欄に登場するには相応しくないほど発売後、わずか8年間で業界トップシェアに登りつめたのである。 制御技術の横展開を調べる目的で、2月中旬に開催の第11回空調・衛生・断熱総合機材展「MACS2010」を取材した。知らない出展会社の中に「国際電業」の社名が目に入る。入り口の右側、中央に位置するブースに、あたかも業界に君臨するかのように同社がいる。大きなプラズマ自動切断システムが、3次元CAD作成のデータ通りに歯切れ良くダクトを切断し、指定の場所に電磁チャックで運んでいる。ペン部は、ソレ…