NECA(日本電気制御機器工業会)委員会活動紹介 スイッチ技術専門委員会 日本発のスイッチをIEC規格化関係工業会と分担し、連携

2010年2月17日

スイッチ技術専門委員会(主査=IDEC松本敦氏)は、「国内のスイッチ事業の技術的内容調査、及び国際標準への新規・改正提案と国内への導入」を主な目的に活動している。現在10社が参加して毎月委員会を開催しており、すでに195回と、もうすぐ200回に達する。 スイッチ技術の革新が世界的に進展する中で、「国際規格に対して受身から提案型にしていく活動を強めており、3~4年前からはIEC規格とJIS規格との整合化が活動の中心となってきている」(松本主査)。 その代表的な活動が、「3ポジションイネーブルスイッチ」のIEC規格化だ。 IEC60947―5―8として制定されたこの規格は、日本から提案したスイッチ…