2010年わが社の経営戦略 高品質の製品・サービスを提供

新年あけましておめでとうございます。旧年中は弊社商品に格別のご愛顧を賜り、厚くお礼申し上げます。本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

さて、昨年は衆議院選挙におきまして民主党が圧勝し、歴史的な政権交代が実現して大きな転換点となった年でありました。

新しい政権には環境問題をはじめ、景気対策においても今後の積極的対応を期待するものであります。

一方、経済におきましては、年の後半に設備投資が下げ止まるなど、一時“景気は底を打ったのではないか"との観測もありました。

しかしながら、雇用情勢や個人消費など先行が懸念される事項に加え、新型インフルエンザの大流行なども加わり、景気の本格的な回復には至りませんでした。

今年につきましても景気は停滞を続ける可能性が高く、引き続き厳しい状況が続くものと思われます。

一方で、エネルギーと環境を軸にした新しい産業の潮流も力強く流れはじめております。今こそ次なる成長の基盤をしっかりと整えることが必要と思います。

当社におきましても、「充電スタンド」や「アイルキャッピング」などを始めとして、新しい時代の要求や、お客様のニーズにあわせた安全・安心な、より高い品質の製品・サービスの提供に努めて行きます。

また、全社一丸となって企業体質の強化に取り組み、皆様のお役に立てるよう努力する所存でございます。

皆様が本年も健康で実り多き年になりますよう祈念いたしまして、新年のご挨拶とさせていただきます。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG