Check !!

アドバンテック 専門性高いサービス提供 マーケットイン戦略を展開

産業用・計測制御コンピュータの世界企業の日本法人アドバンテック(東京都千代田区一ツ橋2―5―5、tel03―5212―5789、劉克振社長)は、1月から企業体をシステムソリューションベンダーとして位置付け、マーケットイン戦略を展開する。FAのほか海外で実績のあるエネルギー、鉄道、小売業、医療分野などにターゲットを絞りチャネルパートナーと共同開拓する。今12月期売り上げは、前期比28%増の15億円を目指す。

22日開催の「アドバンテック・チャネルパートナープログラム2010」で親会社のマーケティング責任者江青霞氏が新方針を発表した。江氏は「事業部を統合し、部品ベンダーからシステムソリューションベンダーとして展開していく。マーケットイン販売戦略に伴い、チャネルパートナーと強固なコラボレーションで市場毎に積極的な活動を行い、厳しい競争を勝ち抜きたい」と語った。

続いて、同社チャネル営業部ディレクター矢崎秀夫氏は「チャネルパートナーと一緒に絞り込んだ市場で顧客ごとの案件情報を入手し、最適な製品を提供するためチャネルパートナー制度を変更する。マーケットをワイドに捉え展開するDistribution
Cannel
Partner(DCP)と市場に特化し展開するFocused
Cannel
Partner(FCP)の2カテゴリに分け、パートナー企業の強みを発揮出来る情報提供や技術サポートを行い、付加価値と専門性の高いサービスを顧客に提供していきたい」と新制度を説明した。

同社は今後、世界で蓄積してきた市場別の技術ノウハウを日本市場で活用しシステムソリューションベンダーとして展開する。

なお、同社は東京本社とサービスセンターを一カ所に統合するため移転、2月2日から新事務所で業務を行う。

新所在地は次の通り。

▽東京都台東区浅草6―16―3、tel03―6802―1021、FAX03―6802―1022、フリーコールは従来通り。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG