2010年わが社の経営戦略 危機感を持って攻勢へ

2010年1月6日

昨年は厳しい状況の中で社内改革の良い機会と捉え意識改革、経費削減、新製品開発などに取り組んできた結果、新しい時代の製品を造る土壌が出来てきた。 今年は、当社にとって40期(11月決算)という節目に当たる。景気の2番底が懸念されるが、受注が回復してきており、過去の売り上げの70~80%に戻れば良い。今年は経営者の目線で「業績を回復するか下降は潰す、その覚悟で臨む」ような危機感を持って仕事に励む意識改革をしてもらう。そうしないと殿様商売から抜け出せず社会から取り残される。また、売り上げでは昨年発売した新製品が貢献しよう。 昨年から意識改革に向けての対策を講じてきた。 ITを、社内コミュニケーション…