2010年わが社の経営戦略 新製品投入効果で拡販へ弾み

2010年3月期の当事業部の売り上げは、下期以降受注が先行して08年度下期レベルまで回復を見せているが、上期の落ち込みが大きく、通期では前年度に比べ75%ぐらいが見込まれる。製品全般に売り上げが落ち込んでいるが、配電制御機器である電磁開閉器や高・低圧の遮断器関係は落ち幅が少ない。また、下期に入ってサーボモーターも機械関係の投資が出ており、増加傾向である。心配されている納期も、一部に遅れた製品もあるが、全般的には切羽詰まっている状態ではなく、対応がなされている。市況が厳しい中であるが、サーボモーター、表示器、インバーター、電磁開閉器、ブレーカーなどはシェアが上昇している。

今年のFA市場は、中国を主導に改善・好転して来るものと見ており、特に中国市場向けは過去のピークを超えるだろう。台湾、韓国も液晶・半導体、電子部品向けなどで期待ができる。

こうした環境下で、当事業部としての10年度は、10年下期の状況にもよるが、09年度比20%以上は伸ばし、08年度比95%ぐらいまでの水準を狙う。特に、10年上期は09年上期比1・4倍ぐらいを目指したい。

自動車関連の投資は中国を除いて国内外ではあまり期待ができないが、自動車用電池工場投資や、ソーラー、液晶・半導体関連での生産投資が出るだろう。ビル、工場建設の先行きも心配されるが、省エネ関連のソリューションでアピールを強める。

昨年、厳しい中にあっても製品開発投資は凍結しないで行ってきたことで、シーケンサやサーボモーター、ブレーカー、ロボットなどの新製品を発売できた。

今年は、これを刈り取る1年として、顧客満足に繋がる販売施策を取りながら、シェアを拡大できるようにがんばりたい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG