neca の検索結果

NECA SA制度に新資格、機械安全要員の力量評価

日本電気制御機器工業会(NECA)は、「セーフティアセッサ資格制度(SA制度)」に新たな資格区分「セーフティシニアアセッサ(SEA)」を追加する。 SA制度の認証機関である日本認証(JC)が2021年度から新資格区分のうち、制御設計分野の資格(SEA-C)に対する認証を開始する。 NECAでは「機械安全に関する知識及び技能をもつ要員の力量基準」に関するJIS規格の原案を日本規格協会と共同で作成。19年5月に「JIS B 9971機械安全に関する要員の力量」として制定された。同規格は、機械安全に関する教育やその能力を評価するさまざまな取り組みに共通する知識や技能に関する要件を具体化し、標準的な指…


NECA「20年度第2四半期 電気制御機器出荷総額」1397億円、前年同期比85%

国内、輸出ともに100%割れ 日本電気制御機器工業会(NECA)がまとめた2020年度第2四半期の電気制御機器の出荷総額は1396億5000万円で前年同期比84.7%となった。 品目別では5大品目(操作用スイッチ、検出用スイッチ、制御用リレー、PLC・FAシステム機器、制御用専用機器)全てで前年同期実績を下回った。操作用スイッチ、PLC・FAシステム機器は10期連続、検出用スイッチは8期連続、制御用リレーは7期連続、制御用専用機器は4期連続で100%を割っている。 国内出荷額は810億7000万円で、前年同期比は81.6%と7期連続で100%を割った。 輸出出荷額は585億8000万円で、前年…


NECA&JARA 4〜6月市場統計、制御機器出荷 前年同期比7%減、ロボット受注9.9%ダウン

苦戦続くが中国に回復の兆し 世界的な自動化需要で拡大した制御機器、ロボットだが、2020年は年初から世界的な新型コロナウイルスの感染拡大によって苦戦が続く。日本電気制御機器工業会(NECA)と日本ロボット工業会(JARA)は4-6月の市場統計をまとめたが、いずれも前年同期比を下回った。 その一方で、最大の市場である中国だけは制御機器とロボットともに前年を上回り、回復の兆しが見えてきた。しかし米中関係が悪化しており、まだ慎重に見る必要がある。   制御機器出荷は5大品目前年下回る NECAは、2020年度第1四半期(4-6月)の制御機器の出荷統計をまとめた。出荷金額は、前年同期から11…


JEMA&NECA「PLC使用状況調査」プログラム互換性 要望多数

日本電機工業会(JEMA)と日本電気制御機器工業会(NECA)は、PLCの使用状況等を調査した「2019年度プログラマブルコントローラおよびプログラマブル表示器の使用状況調査(Webアンケート)報告書」を公開した。   回答者はエンドユーザー(44%)、セットメーカ(31%)、エンジニアリング・システムインテグレータ・ソフトウエア受託開発等(21%)で、彼らのPLCの使用用途は「搬送装置」が60%で最も多く、「組立加工機械」(39%)、「プラント制御装置」(35%)が続く。「産業用ロボット」も増加している。PLCを選ぶ条件は「信頼性」が最も多く44%。「プログラミングの容易性」(35%)、「価…


NECA新会長に山本氏、定時総会で後任選出

日本電気制御機器工業会(NECA)は、尾武宗紀会長(オムロン)が人事異動に伴い3月31日付で理事を辞任したことから、5月29日開催の定時総会で後任の新会長に山本真之オムロン執行役員インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー企画室長を選出した。


NECA 19年度電気制御機器年間出荷統計、出荷総額6437億円、8.8%減

米中貿易摩擦 新型コロナ 影響大きく打撃 日本電気制御機器工業会(NECA)は、2019年度の電気制御機器の年間出荷統計(自主統計)を発表した。米中貿易摩擦やコロナウイルスの影響を受けて、国内、輸出ともに苦戦し、出荷総額は前年比8.8%減の6437億円となった。 仕向地別では、国内向けが3928億円。前年比7.9%減となり、4年ぶりの前年割れ。米中貿易摩擦の影響で工作機械や半導体製造装置、自動車関連の部品と設備投資の低迷が影響した。 輸出は、前年比10.3%減の2509億円。米中貿易摩擦による中国を含むアジア・太平洋地域が低迷し、その影響が欧米にも拡大。さらに、第4四半期に新型コロナウイルスの…


PCB端子台・電磁リレー JIS規格制定、NECAが原案作成参画

「銅導体用プリント回路板端子台」と「電磁式エレメンタリリレー」の2製品でJIS規格が2020年3月23日付で制定された。 銅導体用プリント回路板端子台(JIS C8201-7-4)は、プリント回路板端子台(PCB端子台)としては初めてのJIS制定で、IEC規格と整合化している。 取付、定格値、試験方法(エージング試験・熱的特性等)、表示方法、大電流プリント回路板とプリント回路板端子台の接続例などを定めている。 電磁式エレメンタリリレー(JIS C61810-1)は、リレーの用途拡大(情報機器、運輸機器など)に伴い、定格値の拡張・安全性向上のためのリスクアセスメント追加・ルーチン試験などの追加を…


JEMA・NECA 2020年度市場見通し、電気機器 回復基調へ 新型コロナで流動的も好予測

日本電機工業会(JEMA)と日本電気制御機器工業会(NECA)は、2020年度の市場見通しを発表した。新型コロナウイルスの影響で流動的な状況だが、19年度を上回る回復基調になると予測している。 日本電機工業会(JEMA)は、2020年度電気機器の見通しをまとめた。20年度の電気機器の国内生産額は5兆3563億円で、19年度比0.5%増の横ばいだが、重電機器に限ると3兆4260億円で2.2%増と回復を見込む。しかし新型コロナウイルスの影響はここでは考慮されておらず、感染の広がりと収束、世界経済への影響によって流動的となると見られている。   19年度の重電分野の実績見込は、前年度比6….


【2020年賀詞交歓会】NECA、5ZERO推進 今秋SIAS2020開催

日本電気制御機器工業会(NECA)は1月24日、東京・浜松町東京會舘で新年賀詞交歓会・秋の褒章受章祝賀会を開催した。 はじめに尾武宗紀会長が挨拶し、「19年度の出荷額は一昨年下期から厳しい状況となり、上期は3233億円、前年同期比92.1%と前年を割り込んだ。通期でも16年度並の出荷金額になると見込んでいる。中期計画NECA将来ビジョン2025に基づき、推進の軸として設定した5ZEROマニュファクチャリングは、Q・C・D・S・MTの各領域で制御技術によって5つのゼロを目指す内容だ。要件定義や導入ガイドラインをまとめ、今年は導入ツールやユースケースの拡大を計画している。積極的な情報発信と展開によ…


NECA、JEMA 19年度第2四半期出荷統計、米中貿易摩擦影響し苦戦

自動化への潮流に期待 世界的な景気減速により、工作機械やロボットなど産業機械をはじめ、制御機器も苦戦が続く。 米中貿易摩擦による中国の景気減退が大きく影響しているが、長期的に見れば世界的な自動化、IoT化への関心・需要は依然根強く、ここが我慢のしどころとなる。   JEMA 中国とアジアに停滞感 日本電機工業会(JEMA、長榮周作会長)は、2019年第2四半期と上期(4-9月)、9月度の産業用汎用電気機器の出荷実績を公表した。 第2四半期の出荷額合計は2066億円で前期比で5%増、前年同期比7%減となった。上期の出荷合計は4031億円、前期比で7.5%減、前年同月比でも8.2%減とな…