mma の検索結果

MMA 総会・講演会開催、センサメーカーとの連携強化

MECHATROLINK協会(MMA)は、「2019年度総会/講演会」を、東京・CIVI研修センター秋葉原で6月12日開催し、会員会社から89社約150人が出席した。 冒頭、MMA幹事長の安川電機 上山顕治モーションコントロール事業部長があいさつし「ドイツのインダストリー4.0、中国製造2025など、IoTを通じたものづくりの主導権争いが続いている。18年10月から当社が提唱しているi3(アイキューブ)メカトロニクスを具現化した見せる工場として、入間工場で安川ソリューションファクトリの操業を開始した。MECHATROLINK-4や∑-LINK Ⅱの製品ラインアップをそろえながら、各装置メーカー…


MMA、バルーフと合意 IO-Linkゲートウェイ開発

ビジョンシステムでも新たな取り組み MECHATROLINK協会(MMA)は、画像関連の団体である日本インダストリアルイメージング協会(JIIA)との間で、マシンビジョンのMECHATROLINK対応で協力していくことになった。 JIIAでは新たに技術部会を設置し、ビジョンシステムとMECHATROLINKの標準化を目指して具体的な検討を開始し、今年11月に開催されるSCF(システムコントロールフェア)までには一定の技術仕様をまとめるとともに、SCFの展示会場でコンセプトデモ機の出展を予定している。 また、MMAでは、センサーメーカーの独・BALLUFF(バルーフ)社との間で、MECHATRO…


MMAが総会・講演 15周年へ向けて内外で活動強化

MECHATROLINK協会(MMA)は、「2017年度総会/講演会」を、東京・秋葉原UDXカンファレンスで3日開催し、会員会社から85社約180人が出席した。 冒頭、MMA幹事長の安川電機熊谷彰執行役員・モーションコントロール事業部長があいさつし「スマートファクトリの実現に向け、日本でもファナックがFIELD システム、三菱電機がFA-ITオープンプラットフォームを提案してオープン接続化に向けた動きを活発化させている。装置内コントローラネットワークであるメカトロリンクであるが、モーションとセンサとの親和性、透過性も重要となってきており、そのための取り組み体制が必要である。中国・アジアでは、ス…


MMAメカトロリンク訴求 広島、金沢でフェア

MECHATROLINK協会(MMA)は、「オートメーションコンポーネンツフェア(ACF)2017」を、広島(2月17日)と金沢(2月24日)で開催する。 同フェアは、隔年で開催しており、MECHATROLINK対応製品を持つメンバー企業が対応製品だけでなく、各社の製品、技術を一堂に紹介する。 会場では、MMAセミナーをはじめ、基調講演やメンバーによる新製品紹介セミナー、フィールドネットワークMECHATROLINKの製品・技術の展示などを行う。 基調講演は「人工知能時代の新たな顧客価値創造~Watsonが変革する世界~」と題し、日本アイ・ビー・エム理事コグニティブソリューションズ製造・IoT…


MECHATROLINK協会(MMA)総会開催 シンガポールに支部 会員3000社へ

MECHATROLINK協会(MMA)は、「2016年度総会/講演会」を、東京・秋葉原UDXカンファレンスで3日開催し、会員会社から82社約150人が出席した。 冒頭、MMA幹事長の安川電機熊谷彰執行役員・モーションコントロール事業部長があいさつし「グローバル競争の時代にIoTを用いた、新しいものづくりコンセプトの提案が盛んであるが、まだ本質的な部分では混沌としている。メカトロリンクは同期性、信頼性などでさらに磨きをかけていく。MMAは市場環境の変化に対してソリューション提案を強化していきたい」と述べた。 MMAの会員数は、今年5月末で2784社と昨年同期に比べ398社増えている。また、メカト…


MECHATROLINK協会(MMA) 幹事会社に米・TI社が参加 グローバル普及を加速

MECHATROLINK協会(MMA)の幹事会社に、米テキサス・インスツルメンツ(TI)社が加わった。また、MECHATROLINKが中国のGB規格を取得した。 MMAは日本発のモーションフィルドネットワークとして、日本からアジア市場へ普及が進んでおり、会員数は今年5月末現在で2784社と昨年度から398社増えている。 幹事会社はこれまで、エム・システム技研、オリエンタルモーター、キーエンス、デジタル、安川情報システム、安川電機、横河電機であったが、これで幹事会社は8社になる。TIは米国に本社を置いており、海外メーカーの幹事会社は初めて。 MMAは会員数3000社突破を目指した活動を続けており…


MMA幹事会社にキーエンス 普及・推進へ大きな期待

MECHATROLINK協会(MMA)の幹事会社として、キーエンスが今年11月から加わった。 MMAは日本発のオープンモーションネットワーク。2015年10月現在の会員数2643社。韓国、中国、台湾、アメリカ、ドイツ、インドに支部がある。 近年、装置の高機能・高性能・高信頼性の実現やIoT、M2Mやインダストリー4.0など市場環境の大きな変化の中で、各種ネットワークが注目されている。キーエンスは各種センサーを中心に産業用機器やソリューションなど大きな影響力を有しており、同社の幹事会社就任でMECHATROLINKの更なる普及・推進が図られるものと期待されている。 MMAの幹事会は、エム・システ…


MMA インド支部を開設

MMAがインド支部を開設 MECHATROLINK協会(MMA)は、7月1日から「インド支部」を開設した。MMAは現在、日本に本部を、海外5カ国・地域の6カ所に支部(ドイツ、米国、韓国、中国2カ所、台湾)を置いており、インドは7カ所目の拠点となる。これにより、インドでもメカトロリンクに関する問い合わせや、製品開発、技術サポートをより早く現地で受けることが可能になる。 MMAのメンバー数は、6月末で2150社となっている。 なお、MMAでは今年10月14日から5日間、インド・ムンバイで開催される「オートメーション2014」に、インド支部として初出展する予定。


MECHATROLINK協会(MMA)会員数、2000社を超す

MECHATROLINK協会(MMA)の会員数が今年1月31日現在で2000社を超え、2040社になったことをMMAが明らかにした。 MMAは2003年に、前身のMECHATROLINK Members Clubとして発足、昨年で10周年を迎えた。昨年1500社を超えていたが、その後も順調に会員を増やし2000社を突破した。 会員のうち、中国が約半分の1004社と最も多く、続いてASEANを含む日本が491社、韓国260社、台湾107社、欧州99社、北米79社となっている。 MECHATROLINKは、オープンなグローバルネットワークとしてIEC規格の認定も予定しているが、成長著しいアジアでの…


MMAが台湾支部埼玉県入間市ショールームを開設

MECHATROLINK協会(MMA)は、台湾・新竹市にMMA台湾支部を11月に設立したが、12月23日から活動を開始する。新支部の活動開始で、MECHATROLINKに関する問い合わせや、製品開発、技術サポートなどを現地でより早く受けることが可能になる。 MMAの海外支部は、中国2カ所(瀋陽、上海)、韓国、ドイツ、アメリカにあり、台湾を入れると5支部6拠点になる。 またMMAでは、埼玉県入間市の安川電機入間事業所内に、ショールームを開設した。11月に開催したシステムコントロールフェアで展示したデモ機を利用し、MECHATROLINKによるソリューションを体験できるようにしたもの。 展示内容は…