it の検索結果

Littelfuse ジャパン、業界最小サイズの防爆ヒューズ発売

Littelfuse(リテルヒューズ)ジャパン(東京都港区)は、爆発の危険性がある場所での発火や爆発を防ぐ防爆ヒューズ「PICO242シリーズ」を、10月から発売開始した。 新製品は、過電流や短絡事故のリスクを最小限にすることにより、火災や爆発の可能性がある場所での電子機器の過熱や電気スパークを防止する。小型パッケージで業界最小となる定格電流(40mA)によって、下流工程の部品、配線、回路基板のトレースの電流定格と回路通電容量の抑制が可能となる。 ツェナーダイオードなど、部品の所要電力を20%削減することで小型化ができ、部品のコスト削減にも貢献する。 また、危険領域で使用されるアプリケーション…


Moxa OTとIT統合、新エッジ・ゲートウェイ発表

台湾・Moxaは、Microsoft Azure IoT Edgeをプレインストールした独自の産業用IoT(IIoT)エッジ・ゲートウェイを、10月11日に発表した。 IIoTエッジ・ゲートウェイは、デバイス接続、構成、産業プロトコルに関する専門知識などのOTと、Azure Stream Analytics、機械学習、デバイス・プロビジョニング、セキュリティ機能を備えたAzureクラウド・インフラストラクチャなどのITとの統合を可能にし、IIoTの構築に最適化している。 Moxaの産業用Linux上に構築されたIIoTエッジ・ゲートウェイとAzure IoT Edgeを統合することで、長期の製…


速報取材レポート公開!2018 Japan IT Week 秋「第4回 IoT/M2M展【秋】」

2018年10月24日(水)~26日(金)の3日間、幕張メッセで開催中の「2018 Japan IT Week 秋」。 第8回 クラウド コンピューティングEXPO【秋】 第8回 情報セキュリティ EXPO【秋】 第8回 Web&デジタル マーケティング EXPO【秋】 第8回 モバイル活用展【秋】 第7回 データセンター展【秋】 第7回 ビッグデータ活用展【秋】 第6回 通販ソリューション展【秋】 第4回 IoT/M2M展【秋】 第2回 店舗ITソリューション展【秋】 第2回 AI・業務自動化展【秋】 これら10の専門展で構成され、最新のIT技術・ソリューションが一堂に会す展示会で…


「第9回 Japan IT Week 秋 2018」10月24日(水)~26日(金) 幕張メッセで開催

過去最多750社が出展 注目はAI・ビッグデータ 10展で構成 各企業への技術導入の場 今年の下半期最大級のIT専門展「第9回 Japan IT Week 秋 2018」(主催=リード エグジビション ジャパン)が、10月24日(水)~26日(金)まで幕張メッセ(4~7ホール)で開催される。 開場時間は10時~18時(最終日のみ17時まで)、入場料5000円(招待券持参者は無料)。 会期中は、5万人の来場が見込まれる。   同展は、10の専門展で構成されており、「第9回 クラウドコンピューティングEXPO 秋」「第8回 情報セキュリティEXPO 秋」「第8回 Web&デジタルマーケテ…


Edgecrossコンソーシアム FA-IT連携、実証へSWG立ち上げ

Edgecrossコンソーシアムは、ロボット革命イニシアティブ協議会(RRI)と、「エッジコンピューティング技術を核としたFA-IT連携による工場スマート化システムの構築および効果の検証」を目的としたサブワーキング(SWG)を立ち上げた。 SWGでは、「Edgecross」を用いて、エッジコンピューティング技術を活用したスマート工場の実証を複数拠点において実機を使った模擬工場システムの構築などを計画し、「Edgecross」の有効性を検証していく。 実証期間は9月18日から2019年3月31日までで、実証実験の結果報告書を3月下旬にまとめる。 Edgecrossコンソーシアムは、17年11月に…


東京エレクトロン デバイス、数分でIoTシステムを構築「Azure IoT ノンプログラミングキット with SORACOM」販売開始

~IoTシステム初心者でも数分でIoTセンサー情報の見える化を実現可能~ 東京エレクトロン デバイス(横浜市神奈川区、以下TED)は、初心者でも数分でセキュアなIoTシステム構築ができ、センサー情報の見える化を実現できる「Azure IoT ノンプログラミングキット with SORACOM」を2018年8月28日より販売します。 URL:https://esg.teldevice.co.jp/iot/portal/kit/detail-15.html ▲Azure IoT ノンプログラミングキット with SORACOMのイメージ   車載機器、ロボット、医療機器などあらゆるモノ…


フエニックス・コンタクト プラグ式で省配線・省工数、超薄型サージ保護機器 「TERMITRAB complete(TTC)」

フエニックス・コンタクトが、プラントや水処理設備などの計装の雷害保護向けに2017年に発売した超薄型のサージ保護機器(SPD)「TERMITRAB complete(TTC)」が、太陽光発電やアミューズメントなどの設備用途においても好評を得ている。 同製品は幅寸法3.5ミリと6.2ミリの2種をラインアップ。 Push-in式接続への対応や交換時の配線作業が不要なプラグ式で、省配線・省工数を実現し、制御機器や制御盤の小型化が求められる計装分野で省スペースに貢献している。 また、容易に警報接点出力が追加できる点も好評である。 従来の計測制御回路用SPDでは状態表示がない製品が一般的であるが、TTC…


JEITA、共創プログラムの第1弾に「ALANコンソーシアム」採択、水中での光無線開発へ

電子情報技術産業協会(JEITA)は、企業間連携による共創を推進し、新市場創出を目的としたJEITA共創プログラムの第1弾として、水中環境をターゲットとし、民需に特化した材料やデバイス、機器、システム、ネットワーク開発を目的とする「ALANコンソーシアム」を採択した。 ALANとは、Aqua Local Area Networkの略で、海中など水中環境を新しい生活圏、経済圏になると位置づけている。そのためには水中でも陸上や空間と同様のネットワーク環境を整備する必要があり、まずは音波や有線技術に加え、基礎レベルから青色半導体レーザーを中心とした光無線技術の研究開発を進めていくとしている。


SMK、防滴・厚手カバーパネルに対応、両面ITOガラスセンサー静電タッチパネルを開発

当社はこのほど、両面ITOガラスセンサーを使用した静電容量方式タッチパネル“CapDuo Touch”のセンサーパターンを改良した”CapDuo Touch-2”を開発し、受注活動を開始しました。 センサーパターンを改良することで、自己容量方式/相互容量方式のハイブリット検知を実現し、防滴、グローブ入力や、昨今ニーズが増えている厚めの成型カバーパネルを付けた状態での入力にも対応が可能となりました。   CapDuo Touchシリーズは、ガラスの両面にXYセンサーを各々形成するガラス1枚構成を特長としており、ガラス2枚構成の”G1G”センサーと比較して、ガラスの貼りあわせ用OCA(透…


人類のための人工知能AI、導入を成功させる秘訣とは(AI Infinity)

現在、第三次AIブームの真っただ中である。2012年ごろから登場したディープラーニングによってAI技術は急激に進歩し、今ではAI搭載ロボット、AI搭載物流システム、AI搭載のスマート家電、AIスピーカーなど、「AI搭載」という謳い文句をあらゆるシーンで目にするようになった。 ロボットやコンピューターが人の代わりに分析、判断を行い仕事をしてくれるとあり、業務の効率化や人手不足解消の救世主として、導入の検討を始めた企業も少なくないはず。一方で、AIを正確に捉えている人が少ないというのも現状であり、「ターミネーターのイメージ」「人間がやられてしまうのでは」という意見も多くあるという。 また、AIを導…