Search Results for iot

【各社トップが語る 2018】横河電機「IIoTでスマート化対応」

プロダクト事業センター エッジコントローラ部長 横山俊樹 当社の装置組み込みコントローラビジネスの2018年3月期売り上げは、顧客のビジネスの堅調さに支えられ、前年同期を大きく上回る見込みだ。 マシンコントローラ「FA-M3V」と、組み込みコントローラ「e-RT3」を中心に、「高速化が生み出す価値」を追求することで顧客の装置(製品)のタクトアップや、制御機能の高速化・高精度化・高機能化を実現し、顧客の価値を高める装置コントローラビジネス展開を継続。産業界でキーワードとなっている「IIoT」、あるべき姿に象徴される「スマート工場」に対応したソリューションビジネスを当社グループ一丸となって展開して…


【各社トップが語る 2018】日立産機システム「IoT化の進化に対応」

取締役社長 荒谷豊 日立グループの中で、日立産機システムはOTとITに融合する産業機器、ソリューションサービスを提供している。ドライブ・オートメーション機器から空気圧縮機、産業用マーキング装置等の設備機器まで自社展開しており、IoT化進展などのマーケット変化に対応できるのが強みだ。 2017年は、国内は堅調に推移し、海外も欧州や米国で緩やかに景気が回復、中国はインフラ投資が景気拡大を下支えする等、世界経済全体で緩やかに拡大した。工作機械の需要増にともないモーターやインバーターなどの駆動系機器が好調で、空気圧縮機などの設備系機器も堅調であった。 18年については、昨年買収した米国の空気圧縮機会社…


【各社トップが語る 2018】エニイワイヤ「ⅠoT化の第一歩に最適」

代表取締役社長 鈴木康之 2018年3月期の売り上げは、スマホ関連を始めとしたFA機器の需要増を背景に前年度比10%以上の伸びが確保できそうだ。中でも本格展開から4年を迎えた「AnyWireASLINK」が好調で、従来からの強みである省配線に加え、汎用センサの断線検知や、センシングレベルの診える化を実現するセンサ製品の展開など、IoT化への着手が容易にできるとしてこのところ急速に需要が増え、累計採用会社数が500社を突破したことで売り上げも約70%増となっている。 昨年11月のSCFに12小間出展したが、来場者が前回の4倍を超える約6500人に達し、国内のセンサメーカ7社と連携した前述の断線検…


【各社トップが語る 2018】キヤノンITソリューションズ「『IoT×画像』で強み発揮」

プロダクトソリューション事業部 東日本営業本部本部長 原木裕 2017年は強い追い風が吹き、SCADAや画像処理といった製品群が注目を集めているのは間違いない。これまでデータを集めることに主眼が置かれ、活用まで至っていなかった企業が多かった。そのためビッグデータ活用の提案を進め、ビッグデータを可視化して仮説立案を支援するデータの「0次分析」ができる新ツール「BIGDAT@Viewer」を発売した。引き合いは出始めている。 また政府から「コネクテッドインダストリーズ」という考え方が発表され、その流れに沿った「どこでもOMI(Operations Management Interface)」のコン…


東京エレクトロン デバイス 異常判別プログラムを IoT向けに自動生成

東京エレクトロン デバイスは、IoT向けに時系列データから装置の異常判別プログラムを自動生成する専用マシン「CX-M」を開発し、11月28日から発売した。価格は年間使用料込みで99万5000円、2年目以降は年間使用料72万円。今後3年間で5億円の販売を見込む。 新製品は、時系列データを入力すると「データクレンジング」「特徴の抽出」「機械学習による判別モデル作成」「判別精度検証」を独自ソフトウェアで行い、異常判別プログラムを自動で生成する。ユーザーはデータ解析技術の知識がなくても、正常時と異常時の時系列データを用意するだけで自社基準の異常判別プログラムを生成できるうえ、出力が可能なため、クラウド…


ヴィタネットとFlyData IoT分野で協業 製造業のスマート化推進

ヴィタネット(東京都港区)とFlyData(東京都台東区)は、製造業のスマート化を実現するIoTの分野で協業する。 ヴィタネットは独自技術の「VitaNet Secure」により、汎用性の高いBluetoothでのM2Mを実現。セキュリティを確保しつつ、従来困難だったサーバからのBluetoothの接続制御を可能にし、センサー機器の制御・データ収集とクラウドとの連係を、ゲートウェイやモバイルアプリを介して行う。 FlyDataは、連携したクラウド上のデータに対して独自のアルゴリズムを有するAI技術「Deep Learning」を活用し、生産性向上に資する高度分析を高速で実行する。 両社は、この…


東芝デジタルソリューションズ ファーウェイ スマートファクトリーで協業 NB-IoT活用し商品化へ

東芝デジタルソリューションズと中国・ファーウェイ(華為技術、HUAWEI)は、NB-IoTのスマートファクトリーへの活用について協業を開始した。その第1弾としてNB-IoTのスマートファクトリーへの活用の技術検証を進め、このたびイギリスで行われたモバイルブロードバンドフォーラムでソリューションを公開した。 今後、ファーウェイが各国に開設するオープンラボを活用して実証実験を行い、商用化に向けて進めていく。今回の協業では、東芝IoTアーキテクチャー「SPINEX」上に、ファーウェイの高信頼性や省電力・広カバレッジエリアを特長とするNB-IoTソリューションを適用し、電波が届きにくく、商用電源の確保…


横河電機 IIoT向け小型無線センサー 第一弾は振動・温度センサー内蔵

横河電機は、プラント内のさまざまなデータを収集してIIoTを実現する、通信機能とセンサー機能が一体となった小型無線センサー「Sushi Sensor(スシセンサー)」を開発した。その第一弾として、振動と温度の両センサーを内蔵した無線センサーを2018年3月から発売する。販売目標(国内のみ)は18年度2000台、19年度4000台。 新製品は、耐環境性が要求されるプラントに導入できる、屋外設置可能なIIoTに適した小型無線センサーで、振動と温度を測定できる。プラント設備の振動と表面温度をオンライン監視することで、設備異常の早期発見や故障の予知などのプラント保全に貢献する。 長距離通信を実現する通…


IDEC プログラマブルロジックコントローラ「FC6A形Plus」 IoTをより手頃に実現

IDECは、SCFでさまざまな業界、あらゆる製造現場における労働力不足や生産性向上への課題などに対して「Safety」、「HMI」、「IoT」を中心にさまざまなソリューションを提案する。 IoTソリューションとして、汎用性や機能性、使い勝手などをさらに進化させ、IoTをより手頃に実現できるPLC「FC6A形Plus CPUモジュール」を発売した。 新製品は、業界初の専用のiOS、Android対応アプリを用いて、スマートフォン・タブレットから、Bluetoothでワイヤレス通信を実現している。FC6A形のパラメータの確認・変更、ユーザープログラムの更新はもちろん、SDカード内のロギングデータの…


アズビル「新次元の生産性」支援 4つのゾーンでIoT訴求

アズビルは、「アズビル×IoTがつなげる、ものづくり企業の未来ー新次元の生産性へ!ー」をテーマに、「スマートマニュファクチャリング」「ファクトリーオートメーション」「プロセスオートメーション」「エネルギーマネジメント」の4つのゾーンで提案する。 「スマートマニュファクチャリング」では、工場システムの全体最適化へモノづくりを自律的に調整するオートメーションによる新次元の生産性の実現に向け、バッチプロセス分野向けの機械学習を用いた機器・プロセス・質の異常予兆検知、AIによる生産計画・作業指図・ロジスティクスの最適化、エッジコンピューティングによる装置異常予兆検知、多品種少量生産現場における組立てミ…