SEARCH

「hive」の検索結果50件

  • 2024年6月17日

興和化成【サステナビリティ製品紹介】エコ配線ダクト「KDLシリーズ」 ハロゲン材料不使用の環境配慮型製品

興和化成は、配線ダクトやDINレール、EMCノイズ対策部品など盤用部材メーカー。配線ダクト「KDシリーズ」は配線ダクト市場で高いシェアを持ち、盤メーカー、エンドユーザー、機械メーカーなど幅広く採用されている。エコ製品「ノンハロPPダクト KDLシリー […]

  • 2024年6月8日

ECADライブラリ5月度更新情報 オムロンのセーフティリレー、三菱電機のギアモータなど 部品点数203万9126点に

ECADソリューションズは、ECADライブラリの5月度更新情報を公開し、今回の更新で部品点数が203万9126点となった。オムロンのセーフティリレーG7S-□-Eシリーズ、電力・機器用保護機器K8AK-THシリーズ、プログラマブルコントローラCS1W […]

  • 2024年6月2日

ECADソリューションズ、ECAD導入事例を公開「ECAD dioからECAD DCXへの切替で設計の効率化・標準化を実現」

ECADソリューションズは、ECAD DCX導入事例として、滋賀県湖南市の機械メーカー・ナカサクの事例「ECAD dioからECAD DCXへの切替で設計の効率化・標準化を実現」を公開した。ナカサクでは、働き方改革に向けた電気設計の標準化・効率化のた […]

  • 2024年1月17日

日本能率協会、優良工場表彰制度「2024 GOOD FACTORY賞」決定 日本・ベトナムの9工場を選出

日本能率協会(JMA)は、日本とアジア地域に進出している製造業の生産性や品質の向上、改善活動に成果をあげた工場を表彰する「GOOD FACTORY賞」について、第12回受賞企業として、旭化成、花王、東芝産業機器システム、トヨタ自動車、日産自動車、富士 […]

  • 2023年12月16日

平田機工、滋賀県野洲市の関西工場のリニューアル工事が完了。本格稼働開始

平田機工は、2021年より段階的に行ってきた滋賀県野洲市の関西工場のリニューアル工事が完了し、運用を開始した。新工場は、① 社員の意見を取り入れて職場環境改善・向上を目指す、② 持続可能な環境保全の取組みを強化する、③同社の認知度向上や企業イメージ向 […]

  • 2023年10月9日

IIFES2024特集

IIFES2024特集 by オートメーション新聞 オートメーション新聞WEB IIFES2024(アイアイフェス2024)は、FA(ファクトリーオートメーション)やPA(プロセスオートメーション)、社会インフラなど、あらゆる産業の自動化・効率化を実 […]

  • 2023年10月7日

宮島醬油、佐賀県唐津市の醤油製成の新工場が竣工

宮島醤油は、佐賀県唐津市の本社工場(佐賀県唐津市船宮町2318番地)に新たな醤油製成工場が竣工した。建築後50年を経過して老朽化が進んでいた旧醤油製成工場を取り壊し、その機能を新しい工場に移管。醤油の調合、製成、包装、品質検査の設備を集約し、建屋内で […]

  • 2023年10月3日

ECADソリューションズ(ブース8−51)【ものづくりワールド大阪主要FA企業出展紹介】

ECADソリューションズは、電気設計CADソフトウェアECADシリーズを中心に効率的な設計 ・製造業務を支援するトータルソリューションを提供し、ECADシリーズで培ったソフト面のノウハウと日東工業グループが持つハード面のノウハウを融合させ、高付加価値 […]

  • 2023年7月25日

Orbray、秋田県湯沢市に新本社と新工場を建設 精密宝石部品やダイヤモンド基板、光通信用部品、EV用部品など

Orbray(旧社名:アダマンド並木精密宝石)は、秋田県湯沢市成沢字柴山にある成沢工業団地及び県有地(旧湯沢商工高校跡地)に本社機能の一部を移転し、2032年までに既存工場を移転集約する。本社機能移転と工場集約は、同社はこれまで精密宝石部品、光通信部 […]

  • 2023年6月16日

日本ものづくりワールド特集

主要FA企業の出展ブース・内容紹介 日本ものづくりワールドにおける主要FA関連企業の出展ブースと出展内容をご紹介します。 主要FA企業の出展内容一覧はこちら 主要FA企業の出展内容一覧はこちら 運営会社:ものづくり.jp株式会社 オートメーション新聞 […]

  • 2023年6月11日

産業用コネクタ/端子台/配線接続特集

省力・省工数への対応進む配線接続機器 ますます拡大する需要の裾野 増産とコスト対応への自動化加速
端子台、コネクタなどの配線接続機器は、人手不足や人件費高騰などを背景に省人・省工数化を図れる機器のひとつとして注目が集まっている。同時に、情報通信技術を核としたデジタル化の進展で、それを裏方で支える配線接続機器は大きな役割を果たしている。
関連団体では配線接続機器の技術ガイドを作成し、省力効果と信頼性の高い配線接続機器の普及に取り組んでいる
一方で、製品の素材になる金属や樹脂関係の不足や価格高騰が顕著で、納期とコスト対応に苦労しているメーカーも多い。
IoTや5G、自動車の電動化など取り巻く市場環境は非常に明るく、当分拡大基調が期待できる。
配線接続機器は、機器・装置の配線をつないで電気や信号をなど伝える重要な役割を果たしており、用途も微小電流から高容量電流まで幅広い。

>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG