Search Results for fa

JECA FAIR 製品コンクール 経産大臣賞は佐鳥電機・昭電 国交大臣賞 きんでん

「JECA FAIR 2017(第65回電設工業展)」(主催=日本電設工業協会)の製品コンクール受賞製品が発表され、国土交通大臣賞にきんでんの「ケーブル配線用延線ロープ布設装置」、経済産業大臣賞に佐鳥電機/昭電の「地絡電流抑制制御システム」、環境大臣賞に日新電機の「エネルギー管理システムENERGY-Factory」が選ばれた。 また、中小企業長官賞にMIRAI-LABOの充電式特殊LED投光器「X-teraso(エックステラソー)」、消防庁長官賞にホーチキの「特定小規模施設用自動火災報知設備」、労働者健康安全機構労働安全衛生総合研究所所長賞にテンパール工業の「グラグラガード (タップ型感震ブ…


オプテックスFA 新型ラベル検査システム 印字内容、瞬時に照合

オプテックス・エフエー(京都市下京区)は、食品業界向けの卓上型ラベル検査システム「HVS-LCシリーズ」を、6月7日から発売した。価格はオープンで、年間50台の販売を目指す。 同シリーズは、弁当や総菜に貼付されている一括表示ラベルやプライスラベルの印字内容を瞬時に照合検査できる印字検査システムで、高解像度の文字認識(OCR)カメラにより、ラベル内の商品名や原材料表示、消費期限の日付、価格、バーコードにおける表示間違いや表示漏れを安定して読み取ることができ、検査の自動化が可能。ステージにラベルを載せてボタンを押せば、Windowsベースのソフトウエア上で検査が瞬時に行える。 ラベルの登録は100…


FAプロダクツ 工場見える化パッケージ 大規模システムにも展開可能

スマートファクトリー構築を支援するFAプロダクツは、ロボコムと共同で第28回設計・製造ソリューション展(DMS)に出展、「工場見える化パッケージ」と「生産シミュレーター」を紹介する(小間36-34)。 「工場見える化パッケージ」は「表示機能付IoTサーバー(HMI:稼働監視用)」「Excelアドインソフト(帳票作成用)」、既存設備への組み込みを実現する「稼働監視ソフト」がセットになったパッケージ。 国内外250種類以上のPLCに対応、接点信号も取り込むことができ、Excelを活用した帳票作成、日報作成の自動作成にも対応している。導入価格は1セット50万円~と低コスト。Industry4.0で標…


横河電機 FA-M3シミュレーションソフトウエア 「Virtual-M3」さまざまなデバッグが可能

横河電機は、レンジフリーコントローラ「FA-M3V」、組み込みコントローラ「e-RT3」をはじめ、制御用途に応じた機種をラインアップしている。 また、「FA-M3V」のデバッグ作業用に、シミュレーションソフトウエア「Virtual-M3(バーチャルエムスリー)」を開発し、5月から販売開始した。 Virtual-M3は、「FA-M3V」のCPUモジュールの動作を再現した仮想CPUと、FA-M3VのI/Oモジュールや制御対象機器の動作を再現した仮想I/Oで構成されたデバッグ環境を構築できる。これにより、新製品開発のほか、稼働中の装置改造や不具合解析での、制御プログラムのデバッグ作業の装置停止が不要…


FAプロダクツ 「工場見える化パッケージ」開発 Smart Factory化の第一歩を支援

FAプロダクツ(東京都港区)は、Smart Factory化の第一歩を支援するため、ローコストに既存設備の稼働監視・帳票レス化を実現する「工場見える化パッケージ」を、6月8日から提供を開始した。 「工場見える化パッケージ」開発 「工場見える化パッケージ」は、「表示機能付IoTサーバー(HMI:稼働監視用)」「Excelアドインソフト(帳票作成用)」、既存設備への組み込みを実現する「稼働監視ソフト」がセットになったパッケージ。 同社は製造業の高度化を支援するため、製造・生産技術(OT)と情報技術(IT)両方の知見を生かし、生産現場の見える化を提案からシステム導入まで幅広く提供している。近年「In…


ローム、京都大学ほか Wi-SUN FAN搭載 小型IoT用ゲートウェイを開発

京都大学大学院情報学研究科の原田博司教授の研究グループ、ローム、台湾NextDrive、日新システムズ(京都市下京区)は共同で、国際無線通信規格Wi-SUN FANを搭載したIoT用ゲートウェイの開発に成功した。 この開発は、原田教授がプログラム・マネージャーを務める内閣府総合科学技術・イノベーション会議(CSTI)が主導する革新的研究開発推進プログラムの一環。 今回開発したIoT用ゲートウェイは、NextDriveが開発した小型IoT用ゲートウェイ「Cube J」に、京都大学、ローム、日新システムズが開発してきたローム製無線モジュールを用いたWi-SUN FAN無線通信モジュールを搭載したも…


FA関連17年3月期決算 第4四半期は大きく上振れ 半導体、自動車関連の投資増

FA関連メーカー、商社の2017年3月期決算が出そろった。期前半は国内外の需要低迷や円高基調での目減りもあり業績が伸び悩んだ企業が多かったが、後半は半導体、自動車関連の投資増や、円安に多少振れたこともあり、予想以上に業績が伸長し、とくに第4四半期は大きく上振れしたところが目立った。18年3月期も前年度下期からの良い状況が継続すると見ているところが多く、下期以降に大きな状況変化がなければ、過去最高の業績を記録する企業が続出することが予想される。 【三菱電機】 17年3月期連結決算は、売上高4兆2386億6600万円(前年同期比3.5%減)、営業利益2701億400万円(同10.3%減)、税引前当…


三菱電機 「FAセンター」メキシコに増設

三菱電機は、メキシコのケレタロ州に「メキシコFAセンター」を、ヌエボ・レオン州のモンテレイ市に「メキシコ・モンテレイFAセンター」を新たに開設し、FA機器のサービス業務を5月15日から開始した。 同社は、これまでメキシコでのFA機器のサービスは、メキシコシティの「メキシコFAセンター」と現地代理店で実施してきたが、今回、拠点を3カ所に増やし、FA機器サービス体制をさらに強化する。 対象機種は、シーケンサ、インバータ、サーボ、表示器、ロボットで、対応言語は英語、スペイン語のほか、メキシコFAセンターは日本語での対応も可能。 なお、2拠点の新設に伴い、メキシコシティのFAセンターの名称を「メキシコ…


第65回電設工業展JECA FAIR 2017 5月17日~19日 東京ビッグサイト

◇インフラ支える製品一堂に 人を守る 暮らしを守る 電設技術が未来を守る 電気設備に関する資機材、工具・計測器、ソフト、システムなどの新製品紹介をはじめ、施工技術やアカデミックの紹介など、電設業界のあらゆる情報を発信する国内最大の電気設備総合展示会「JECA FAIR 2017~第65回電設工業展~」(主催=日本電設工業協会)が、5月17日~19日までの3日間、東京ビッグサイトの東1・2ホールで開催される。今回のテーマは「人を守る 暮らしを守る 電設技術が未来を守る」。開場時間は午前10時~午後5時(17日は午前10時30分から、19日は午後4時30分まで)。入場無料(登録制)。会期中は約10…


JECA FAIR 2017 〜開催にあたって

一般社団法人日本電設工業協会 会長 山口 学 今年のJECA FAIRは、247社・724小間と過去最大規模での開催となりました。今、日本経済は、GDPが3期連続でプラスになり、雇用や所得環境も改善するなど好循環が広がりつつあります。特に、2020年の東京オリンピックに向け、民間投資の拡大やインフラ老朽化対策など建設需要の拡大が想定され、電設業界の期待は大きく膨らんでいます。 しかし、中長期的には少子高齢化といった人口構造の変化が労働市場や個人消費に及ぼす影響が懸念されます。我が国では、政府・経済界を挙げ「働き方改革」の論議が進められており、建設業界でも「生産性の向上」や長時間労働の是正、ライ…