cad の検索結果

シーメンス 3DCAD最新バージョン、設計機能を強化

シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアは、3DCADの最新バージョン「Solid Edge2021」を発表した。 新しいサブディビジョン・モデリング、優れたリバース・エンジニアリング・パフォーマンス、新しい差異分析など、設計機能を強化。新しいキャビネット・パネル設計機能による、産業用制御パネルの迅速かつ正確な2Dレイアウト、流体シミュレーションと構造シミュレーションの最適な統合、検索可能な新しいポストプロセッサ・データベースと、改良された荒削り/適応ミル加工機能により、数値制御プログラミングを加速、デスクトップ・ファイルを安全なクラウド・ストレージに同期できる「Teamcenter S…


iCAD 技術部 緒方秀樹部長に聞く、設計業務をリモート化

CADは設計者の武器であり、使いやすさが命。どんなハイエンドであっても、目的に合わず、使い勝手が悪ければ効率も落ち、それは単なる宝の持ち腐れ。設計者にとってはストレスでしかない。 ましてやコロナ影響によるリモートワークなど設計部門の働き方も変わるなか、ネットワークやPCのスペックが十分とは言えない環境で、以前と同じレベルで設計しろと言われても、それは無理な話だ。 それに対し富士通は、これまでサクサク高速で動くCADシステムとして高く評価されてきたiCADについて、リモートワークとDX推進支援のため無償提供を開始した。iCADの開発元であるiCAD株式会社技術部の緒方秀樹部長に話を聞いた。 富士…


コンテック HMI/SCADソフトウエア、工場の監視・管理システム容易に導入可能

HTML5技術を使用 コンテック(大阪市西淀川区)は、HTML5技術をベースとしたHMI/SCADソフトウエアを開発し、「CONPROSYS HMI System」として7月1日から販売開始した。 新製品は、プラントや生産工程の監視・管理システムを容易に構築・運用できるHMI/SCADソフトウエアで、HTML5サポートのブラウザ搭載であれば、マルチデバイスでモニタリングと操作が可能。システム構築における開発は専門知識を必要とせず、ブラウザを用いたドラッグ&ドロップで画面作成が行える。収集データやデータベースとプログラムレスで情報をリンクできるなど、短期間でのシステム構築が可能。 画面作成には、…


ECADソリューションズ 盤製造支援システム新発売、盤製造の「働き方改革」実現

ECADソリューションズ(さいたま市中央区)は、盤製造の生産性向上とコストダウンを実現できる盤製造支援システム「WIRE CAM DX」を6月25日から販売開始する。 新製品は、事前に配線設計(自動ルート選定、配線測長)を行うことで、その後の盤製造工程(①電線加工②部品取付③配線作業)を非技術者でもミスなく高品質な作業を可能にし、盤製造の生産性向上(製造リードタイム40%短縮、生産能力アップによる売り上げアップ)とコストダウン、働き方改革への対応を実現できるもの。   配線設計では、同社で多くの実績を有する盤設計ツール「ECAD」の他、様々なCADのデータ(dxf/dwg)、PDF、紙図面スキ…


図研プリサイト 設計部門向け「デザインボム」3D CADで原価の比較見積

図研プリサイト(横浜市都筑区)は11日、製造業の設計部門を対象とした原価見積パッケージシステム「Design BOM(デザインボム)」の販売を開始した。 同製品は、3D CADデータを使って製品原価の見積計算が行える原価見積システム。部品原価の集計はもちろん、3D情報の活用によって手間なく、高精度な原価の比較見積を実現でき、使い続けるほど設計段階で正確な原価見積が行えるようになる。 3D CADで作成したアセンブリ構成から変換したXVLを取り込むだけで原価見積の土台となる計算シートを作成し、各部品に原価見積値を入力するだけで原価見積計算を開始できる。原価見積の計算結果は、XLS形式で製品マスタ…


アンドール 2次元CAD 直感的操作を強化、作業の短縮が可能

アンドール(東京都世田谷区)は、ハイブリッドCADシステム「CADSUPER Lite2020年度版」を3月25日に発売開始する。 CADSUPER Liteは「簡単」「使いやすい」「データ互換」をコンセプトとした2次元CADシステムで、新製品の2020年度版では、直感的なオペレーション操作を強化し、要素プロパティ表示機能や仮想ナビゲーション機能などを搭載。より快適な操作性となっている。 要素の情報を操作パネルタブに搭載し、タブ内で線種、線幅、色、レイヤなどの属性情報を変更することができる機能や、線分の延長線上や水平線上などの仮想点や仮想交点などを表示するナビゲーション機能、指定したハッキング…


フォトロン 3DCAD新バージョン、データ断絶を解消

フォトロン(東京都千代田区)は、3DCADソフトウエア「図脳CAD3D」の最新バージョン「図脳CAD3D V2」を2月7日に発売した。 国内のものづくり現場では「設計は3DCADで、製造現場は紙の平面図を使用」というのが主流であったり、取引先や部門ごとで異なる3DCADソフトウエアを使用しているなど、工程間で3DCADデータの断絶が起きていた。図脳CAD3Dは、こういった状況を解消するため、2017年に誕生。 今回発売の最新バージョンは、要望が多かった「意匠設計機能の向上」に応え、サーフェスモデリング機能を大幅に強化。手書きスケッチの輪郭をトレースしながら3DCADデータを作成できる下絵画像の…


【各社トップが語る2020】ECADソリューションズ「盤製造支援新製品に期待」鈴木忍 代表取締役社長

ECADソリューションズ 鈴木忍 代表取締役社長   2020年3月期の売り上げは、ウィンドウズ7終了に伴う電気設計CAD更新への効果もあり、前年対比で微増となる見込み。人手不足、働き方改革関連法の施行などで、設計・購買・製造業務での生産性向上が急務になっている。 当社の電気設計CAD「ECAD DCX」は、こうした動きに対し、リードタイム短縮と省力化に貢献するシステムとして採用が増えている。クラウド部品ライブラリのデータベースの情報も、47社115万点と100万点を超えた。 昨年は全国15カ所で紹介セミナーを開催し、利用する顧客が増え始めている。今後も引き続きデータ拡充に注力すると…


フォトロン「2次元CADソフトウエア」最新版、タブレットと連携OK

現場での紙図面は不要 フォトロン(東京都千代田区)は、2次元CADソフトウエア「図脳RAPID」シリーズの最新版、企業向けの「図脳RAPIDPRO20」と、個人利用向けの「図脳RAPID20」を11月27日から発売する。 同シリーズは、さまざまな業種の上流工程から下流工程まで幅広く利用されている国産CAD。 図脳RAPIDPRO20は、「図脳RAPID for iPad」(2020年春公開予定)との連携機能を搭載しており、iPadに図面を取り込んで持ち出すことができ、iPad上で朱書きの記入や計測が可能。工場内やインフラ設備の現地調査などで、紙の図面の携行が不要になる。iPadで図面を表示して…


NTTデータエンジニアリングシステムズ、金型設計・製造業界向けCAD/CAMシステム 、見込み変形の作業工数を75%削減

NTTデータエンジニアリングシステムズ(東京都大田区)は、金型設計・製造業界向けCAD/CAMの最新バージョン「Space−E」Version 5.8を、8月下旬にリリースする。 Space−Eは、同社が20年以上にわたり開発・販売している3次元CAD/CAMシステム。最新バージョンでは、見込み変形の作業工数削減や等高線仕上げ機能の強化などを実現している。 自動車プレス業界は、ハイテン材といった硬度が高い材料を使用することが増えているが、このような材料は設計からトライ・アンド・エラーを繰り返しながら金型製作を行うため、作業工数の増加が課題となっている。   最新バージョンは、CADで…