無線端末 の検索結果

三菱電機 電池駆動無線端末、センサー機器の遠隔監視・制御、検針作業を自動化

三菱電機は、ガスや水道メーターの検針業務の自動化や、各種センサー機器の遠隔監視・制御を可能にするセンサーネットワーク向け電池駆動無線端末「BLEnDer(ブレンダー)ICE」を開発した。 新製品は、低消費電力である特定小電力無線通信を採用し、電池駆動により場所を選ばず設置できる通信端末。UバスやAラインなどの標準的な通信インターフェースを装備し、ガス・水道メーターや各種センサー機器と接続でき、センサーネットワークへワイヤレス接続が可能。 電力市場向けのパッケージ型ソフトウエア「BLEnDerパッケージ」を活用した大規模ネットワークに接続して広域網通信が可能なため、ガス・水道メーターの自動検針や…


NKE 無線デバッグユニット販売開始 省配線機「ユニライン」に

NKE(京都府長岡京市、中村道一代表取締役社長)は、同社が持つ省配線機器「ユニライン」のデバッグ工数を削減する「無線デバッグユニット(DU-01W)」の販売を開始した。 ユニラインは2線ケーブル1本で実現でき、PLCをはじめ、パソコンやSBCなど多くのコントローラによる制御システムの省配線化を行うユニット。三菱電機、オムロン、横河電機などのPLC用にインターフェースユニットも同社が提供している。 新製品のデバッグユニットは、ユニラインで構築した省配線ラインのI/Oチェックや、プログラム入出力確認を、スマートフォンやタブレットなどの無線端末を使用して簡単に行うことができる製品。本体はユニラインの…


ワイヤレス産業は2020年に80兆円市場へ成長! FAラボ代表松本重治 (上)

宇宙に電線は張り巡らされてはいない。宇宙創成といわれている”ビッグバン”以来「波動と粒子の二重性」を有している「物質/エネルギー」が生まれ、自然界の4つの力(重力、電磁気力、原子核の弱い力、原子核の強い力)によって無線で制御されていると言われている。これらの正体、活用、2020年には80兆円にもなると言われている巨大なビジネス市場動向を知りMOT(Management of Technolology:技術経営)の一助にして頂くのが本稿の目的である。 1.無線(wireless)とは? (1)種類と伝搬媒体: 無線とは(電)線を用いないで情報や力を伝えることであり、水や誘電体経由も無線と言われて…


東洋電機 ワイヤレスセンサネットワーク「マジック・ビー(MAGIC・BEE)] 世界標準の親局と子局で構成

東洋電機は、CC―Linkに対応した業界初のワイヤレスセンサネットワーク「マジック・ビー(MAGIC・BEE)」を販売、好評を博している。 CC―Linkと近距離無線ネットワークの世界標準規格であるZigBeeのゲートウェイである親局「MGB10―GC」と多機能無線端末である子局「MGB10―□N/□R」で構成。 子局は温度センサ、湿度センサ、照度センサを内蔵、アナログ外部入力2点、デジタル外部入力2点、パルス外部入力1点、デジタル出力1点を標準装備する。また、子局は内蔵バッテリーで長時間稼働が可能。 ビルや工場、施設などの設備管理やセキュリティ、物流などのトレーサビリティ、環境モニタリングな…


JECA FA-R2013主要各社の出展製品 CC-Linkに対応

東洋電機は、オープンフィールドネットワークのCC―Linkに対応した無線式モニタリングシステム「マジック・ビー(MAGIC・BEE)」を紹介する。 業界初のCC―Linkと近距離無線ネットワークの世界標準規格であるZigBeeのゲートウェイ「MGB―10―GC」と多機能無線端末「MGB―10―NEL」を展示する。 多機能無線端末は温度センサ、湿度センサ、照度センサを内蔵。アナログ外部入力2点、デジタル外部入力2点、パルス外部入力1点、デジタル出力1点を標準装備する。 また、この多機能無線端末は内蔵バッテリーで長時間稼働が可能。 ビルや工場、施設などの設備管理やセキュリティー、物流などのトレーサ…