日東工業 の検索結果

日東工業 中津川工場、高圧受電の仕組みを子どもたちに教示

日東工業の中津川工場では、このほど岐阜県中津川市教育委員会が運営する「すご技中津川プロジェクト」に参加、地元の2つの小学校の小学5年生約70人に高圧受電設備(キュービクル)を製作する技術などを学んでもらった。 また、キュービクルにより、電気が安定的に使用できることなどを説明し、工場も見学。さらに、大きな地震が発生した時に電気火災を防止するための製品動作を再現するデモ機の体験や、パソコンで図面作成(CAD)の体験を実施した。 今回のプロジェクトでは、地元の小学生に電気の大切さと実際の製品を触ってさまざまな体験をしてもらうことで、地元で働くことの面白さを伝えた。 同社はこのような地域に深く根ざした…


【各社トップが語る2020】日東工業「新しい技術で減災に繋げる」佐々木拓郎 取締役社長

日東工業 佐々木拓郎 取締役社長   昨年5月に「令和」という新しい時代がスタートし、全英女子ゴルフの日本人選手の優勝やラグビーワールドカップでの日本チームの躍進など多くの明るい話題があった。一方で大型台風などによる自然災害により甚大な被害もあった。海外に目を向けると、米中貿易戦争やブレグジット問題など歴史を揺るがすような出来事が頻発したように思われる。 さて、令和2年となる2020年の当業界の景気動向については、国内の設備投資の伸び率は鈍化に推移するとみられる一方、東京オリンピック・パラリンピック需要やリニア開通に向けての開発、中間駅設置都市における駅前再開発、学校空調案件など業界…


日東工業 ノバルスと業務提携、新規ビジネス創出目指す

日東工業は、電気と情報インフラをIoTで見守る製品・サービスの開発に向けて、ノバルス(東京都千代田区、岡部顕宏代表取締役)と資本業務提携に合意した。 日東工業が、日本政策投資銀行が主催するオープンイノベーションプログラム「東海オープンアクセラレーター」に参加、全国のスタートアップ企業から新規事業の提案を募集した結果、実現した。日東工業が、ノバルスが実施する第三者割当増資の一部を引き受ける。 日東工業は、配・分電盤やブレーカ、キャビネットなどを製造・販売しており、近年、地震による電気火災防止に有効な感震ブレーカ、地震の揺れを低減するサーバラック、電気自動車用充電器シリーズなどの製品開発を行い、さ…


東北日東工業、宮沢賢治記念館の清掃活動に参加

日東工業のグループ企業、東北日東工業(岩手県花巻市)は、このほど岩手県花巻市で開催された「企業の森ボランティア活動」に参加した。同市にある「宮沢賢治記念館」の環境を守るため、社員が記念館敷地内の草刈りを実施した。 同社は配電盤やキュービクルを製造している。今回が2回目の参加で、自分の草刈機を持つ社員を含め8人が参加した=写真。 晴天に恵まれた中で、地元花巻市の美化に貢献しようと参加した社員は熱心に活動していた。草刈機を扱うのが初めての社員に対しては、同社でしっかりと安全講習を実施して活動を行っている。 参加した社員は「有名な宮沢賢治ゆかりの地を守るべく、これからも環境保全活動に積極的に参加して…


日東工業 穴加工図面作成Webシステム「キャビスタ」

盤設計加工の省力化実現 日東工業は、ECAD盤設計で同社のキャビネット加工が簡単・短納期に行える「ECAD・キャビスタ連携」を「IIFES2019」で紹介する。ブース№は西4ホール4-47。 日東工業グループのECADソリューションズが開発した「ECAD」は、国内導入実績№1の電気設計専用CADで、クラウドから部品ライブラリを入手し、図面の標準化、正確な部品表が可能になっている。 日東工業の穴加工図面作成Webシステム「キャビスタ」は、キャビネットの穴加工価格が一部無料で行え、省力化に結び付く。生産状況による納期をキャビスタ画面で確認可能。 キャビネットデータは、データ・ダウンロードサイト「N…


日東工業 タイに盤の新工場建設、製販一貫体制を確立

日東工業とタイ・BANGKOK SHEET METAL PUBLIC(BM社)の合弁会社、NITTO KOGYO BM(THAILAND)(NBT社)は、タイ・アユタヤ県に工場を建設する。2020年11月に稼働する予定。 日東工業は、15年3月にタイにおける内資型販売会社として、NITTO KOGYO TRADING(THAILAND)(現NBT社)を設立、キャビネットの輸入販売、現地生産の配・分電盤販売を行ってきた。17年11月には販路拡大を目的に日東工業とBM社で株主間契約を締結し、共同でNBT社の事業を行っている。 今回、NBT社がタイ市場への本格参入を図るため、工場を建設することにした…


日東工業 人事異動

日東工業 人事異動(12月1日付) ▽北川工業出向(生産本部菊川工場長 兼 総務課長 兼 ラーニングセンター長)小西茂平 ▽生産本部菊川工場長 兼 ラーニングセンター長(開発本部配電盤開発部長 兼 第二グループ課長)北原郁夫 ▽開発本部配電盤開発部長 兼 第二グループ課長(開発本部配電盤開発部担当部長)三輪幸市 ▽ギャザーゲイツスイッチギア(シンガポール)出向(海外本部海外管理部長)近藤徳弘 ▽海外本部海外管理部長(海外本部海外事業推進部担当部長)蒲宏


日東工業が所蔵品公開、イオンモール長久手 500人超す親子連れ来場

日東工業は、このほど愛知県長久手市の各地で開かれた「ながくてアートフェスティバル2019」のイオンモール長久手イオンホール会場で「日東工業所蔵品展」を開催した。 同社は、愛知県立芸術大学出身の作家や地元の作家を中心とした数多くのアート作品を所蔵している。地元の方に気軽にアート作品に触れてもらい、地元の作家さんたちも盛り上げたい、との思いから、今回初めて無料で一般公開した。愛知県立芸術大学の大塚道男名誉教授のギャラリートークも開催した。 子ども向けには、同社キャラクターのソーライオンをモチーフにしたトートバック作り、オリジナル缶バッジ作りなど4種類の無料ワークショップも実施。 500人を超える多…


日東工業 どこでも持ち運びOK、可搬型独立電源システム

日東工業は、独立電源盤と太陽電池を一体化させた可搬型タイプの独立電源システム「DKR-K」を発売した。どこへでも持ち運べるため、手軽に電源確保が可能となる。 同社は、太陽電池で発電した電気を蓄電池に蓄えて、電気を供給する設置型の電源システムを販売しているが、可搬型タイプを製品化するのは初めて。 経済的な鉛蓄電池タイプと長寿命のリチウムイオン蓄電池タイプの2種類が用意される。安定台、キャスターなどの簡易設置用オプションが揃っており、鉛蓄電池タイプは夜間タイマー機能を備えたコントローラを搭載している。 太陽電池は容量38Wで、0-90度の角度調節機能付き。 電池容量は、鉛蓄電池が200Wh、リチウ…


日東工業 サンゲツと共同開発プライベート・ボックス、簡単に自分空間創出

日東工業は、インテリアメーカーのサンゲツと共同で、いつでもどこでも利用でき、個人のプライベート空間を創造する「PRIVATE BOX(プライベート・ボックス)」を開発した。需要動向を見ながら製品化する予定。 日東工業は、制御盤などのボックスを作るノウハウを生かして社会貢献を模索していたところ、今までモノを入れていたボックスに「人が入る空間の創造」の可能性を見いだした。そこで、空間をデザインするサンゲツと提携、新たなボックス「PRIVATE BOX」を開発した。 ボックスのサイズは、外形が幅1050×奥行き1100×高さ2190ミリメートルで、内部が同946×同944×同2017ミリメートル。基…