協働ロボット の検索結果

ユニバーサルロボット、協働ロボットUReシリーズに16kg可搬の中量タイプ発売

可搬重量16kgの協働ロボットを発表 名古屋ロボデックス展で初公開  ユニバーサルロボット(本社:デンマーク、社長:Jürgen von Hollen)は、可搬重量16kgの協働ロボットの新製品「UR16e」の発売を開始した。UR16eは可搬重量が16kg、900mmのリーチと+/-0.05mmの位置繰り返し精度を併せ持っており、重量物の搬送やハンドリング、マシンテンディングなどの自動化に最適となっている。  同社Jürgen von Hollen社長は「各メーカーは、昨今の不安定な経済情勢下で競争力を保つために柔軟なソリューションを求めています。UR16eは、重量物を扱う作業を協働ロボットで…


キヤノン 画像処理ソフトウエアがURの認定取得、日本企業初 協働ロボット活用拡大

キヤノンは、デンマーク・ユニバーサルロボット社(UR)の協働ロボットと連携する画像処理ソフトウエア「Vision Edition-U」が、日本企業で初めてURの認定製品プラットフォーム「UNIVERSAL ROBOTS+」(UR+」)の認証を取得した。 キヤノンのネットワークカメラなどとUR社製の協働ロボットと連動することにより、ロボットの手元から作業場の周囲まで、用途に応じて撮影・画像処理を行うことで、ロボットの「眼」の役割を担う。発売開始は2019年10月上旬。 Vision Edition-Uは、ネットワークカメラが持つ光学ズームやオートフォーカス、パン・チルトなどの機能を用いた柔軟な画…


安川電機 防じん・防滴仕様タイプ人協働ロボット、過酷な環境でも導入可

セットアップ時間も短縮 安川電機は、人協働ロボットの新たなラインアップとして、「MOTOMAN-HC10DT防じん・防滴仕様タイプ」(可搬質量10キログラム、最大リーチ1200ミリメートル)を、7月9日から販売開始した。 新製品は、全軸でIP67の防じん・防滴構造となっており、標準仕様のMOTOMAN-HC10DTと比べて環境耐性が大幅に向上。表面にはアクリルウレタンを塗装し、先端フランジの材質はステンレスを採用することで、衛生面への配慮と水洗にも対応する。 工作機械へのワーク投入など、ちりやほこり、液体の混入などが発生する過酷な環境でも人協働ロボットの導入が可能になる。 また、ロボットの先端…


日立システムズとFAプロダクツが協業、IoTや協働ロボット活用のサービス提供

ITサービス企業の日立システムズ(東京都品川区)と、ロボットSlerのFAプロダクツ(東京都港区)が、工場のスマート化の分野で協業を開始した。 昨今の製造業における人手不足、ノウハウや技術の伝承といった課題に対し、協働ロボットの導入やIoTを活用した稼働監視システム、予知保全システムなどの導入の検討が増えている背景から両社は協業を開始。 今回の協業で、日立システムズの多様なITサービスの実績・ノウハウやサービスインフラと、FAプロダクツのスマートファクトリー分野におけるコンサルティング力・設計力、さらに、双腕ロボット「duAro」を販売する川崎重工業などのロボットメーカーと連携することで、現場…


【市場・技術展望2019】「協働ロボット」2024年に8500億円規模へ

製造業以外への広がりも 安全機能を備え、人と同じ作業スペースに設置して人と一緒に作業ができる協働ロボット。人手不足と人の作業効率性向上の解決策として期待されている。 矢野経済研究所の調べによると、世界市場規模はメーカー出荷金額ベースで2015年の180億円から16年に360億円、17年には650億円まで達している。 今後の予測については、20年までは自動車業界やエレクトロニクス業界など産業用ロボットが多用されてきた分野を中心に前年比50%増で成長。21年から22年にかけては一服感があるが、その後には食品、化粧品、医薬品など3品業界や外食産業、ホテル業界など製造業以外に広がる。24年には8500…


安川電機 人協働ロボットのハンドキャリータイプ、簡単移動・設置が可能

安川電機は、人協働ロボット「MOTOMAN-HC10DTハンドキャリータイプ」(可搬質量10キログラム、最大リーチ1200ミリメートル)を9月26日から販売開始した。 MOTOMAN-HC10DTは、国際規格ISO10218-1に準拠した、安全柵なしで人と協働で作業ができる産業用ロボット。人が手軽に押して運べる台車にMOTOMAN-HC10DTを搭載し、必要な工程や作業エリアに簡単に移設が可能となった。台車部分のハンドルを回すだけで設置場所での固定や移動時の固定解除ができる。 また、ダイレクトティーチボタンを手でつかみ、自由に操作しながら動作を教えられるダイレクトティーチ機能を搭載。直感的な操…


オリックス・レンテック 米国のヒト協働ロボット、レンタルサービスを開始

オリックス・レンテック(東京都品川区)は、住友重機械工業と協力し、米国のリシンク・ロボティクス社のヒト協働ロボット「Sawyer(ソーヤー)」の法人向けレンタルサービスを9月5日から開始した。オリックス・レンテックの次世代ロボットレンタルサービス「RoboRen」で取り扱う。 Sawyerは、人と並んで作業ができる協働型の単腕ロボット。手首部分にカメラを搭載しており、ピッキングや部品の供給、組み立てなどを得意とし、アームをじかに動かすだけで動きを記憶し設定できるため、プログラミング言語を必要とせず簡単に操作ができる。また、顔に相当する小型ディスプレイに表示される瞳が手先の動きを追うため、周囲に…


因幡電機産業 東京・五反田に協働ロボット専門施設「東京ロボットセンター」

〜実機見て相談 お試しも、多くの人に触れる機会提供〜 深刻化する人手不足対策、ロボットを初めて使う企業でも導入しやすいことから期待を集めている「協働ロボット」。しかし展示会でもない限り、実機をじっくり見る機会、詳しい人の話を聞けるチャンスはめったにない。 因幡電機産業は、3月に東京・五反田に協働ロボットを集めた「東京ロボットセンター」を開設。アクセス抜群の東京都心で、しかも複数メーカーの協働ロボットを見て相談し試せる場を提供している。 アクセス抜群 東京ロボットセンターは、JR山手線・五反田駅から徒歩8分程度の第2TOCビル(東京都品川区西五反田7-21-11)の7階。東急目黒線の不動前駅から…


川崎重工業とABB 協働ロボット自動化システム開発

川崎重工業とABBは、世界で初めて共通の協働ロボットオペレーティング・インターフェースを開発した。2017年11月に発表された両者の協業のひとつの成果として、ナレッジを共有し、協働による自動化、特に協働型双腕ロボット利用の利点を促進することを目的とする。直感的でスマートフォンのように操作できるナビゲーションおよびアイコンを有するシンプルなヒューマン‐ロボットインターフェースを含んでいる。 また、オペレーティング・インターフェースの継続的な開発に加えて、両社は共通の安全基準などのトピックにも焦点を当て協業を進める。協働によるオートメーションの目標は、労働者の安全を確保し、さらに協働ロボットの利点…


協働ロボットのパイオニア・Enrico Krog Iversen、Danish Growth Fund、アーム・エンド・ツーリングがベンチャー企業を設立

・Perception Robotics(米国)、OptoForce(ハンガリー)、On Robot(デンマーク)の合併により誕生する新生OnRobotは、グローバルな協働ロボット市場でのリーダーを目指す ・新会社は戦略的買収と技術革新によって成長し、協働ロボットのアーム・エンド・ツーリングの開発に貢献 業界をリードする協働ロボットのパイオニアでありUniversal Robots社の前CEOであるEnrico Krog Iversenは、デンマークの投資ファンドであるDanish Growth Fundと共同で、革新的なアーム・エンド・ツーリング(End-Of-Arm Tooling: EO…