Search Results for 半導体製造装置

SEAJ 16~18年度需要予測 半導体製造装置 2兆円市場へ急拡大

スマートフォンやビッグデータ、IoTの隆盛を背景に、半導体製造装置市場が急拡大している。SEAJ(日本半導体製造装置協会)が発表した2016年度から18年度の需要予測によると、16年度の半導体製造装置とFPD製造装置の合計は1兆9805億円に達し、17年度には1兆9902億円まで拡大するとしている。2兆円産業に間も無く手が届くところまで来ている。 同予測は、SEAJが毎年行っているもので、16年度から18年度の3年間における、半導体製造装置の日本製装置と日本市場販売高、FPD製造装置の販売高の見通しを調査・公開している。 ■1兆5000億円を超える半導体製造装置 半導体産業を取り巻く環境につい…


日本半導体製造装置協会「拡大一途の半導体関連市場」牛田 一雄会長

謹んで新年のお慶びを申し上げます。旧年中は当協会の活動にひとかたならぬご協力をいただき、心から感謝申し上げます。 今年の半導体製造装置及びFPD製造装置の市場環境につきましては、ビッグデータ関連技術やIoTなどをベースに、スマート社会の実現に向けた第4次産業革命という技術革新を追い風として、昨年からの成長基調がしばらく続いていくと予想しています。 具体的にはデータ・サーバー用のメモリーとして期待されている3D・NANDフラッシュメモリーへの投資や、有機ELディスプレイを含む FPD産業への投資などが引き続き積極的に行われるとみており、特に国内においてはセンサーや車載関連といった自動運転を視野に…


SEMIが発表 17年半導体製造装置販売額 9.3%増の434億ドル

SEMIは、2016年の世界の半導体製造装置販売額を、前年比8.7%増の397億ドル、17年も成長が継続し9.3%増の434億ドルとなる見込みであることを明らかにした。半導体製造装置の中で、金額では最大のセグメントであるウェーハプロセス処理装置市場は、16年が8.2%増の312億ドル、また、組み立ておよびパッケージング装置市場も14.6%増の29億ドル、テスト装置は16.0%増の39億ドルにいずれも成長すると予測している。 地域別では、台湾、韓国が、16年も最大市場となり、中国がはじめてトップ3に加わる。また、16年の成長率が最も高いのは、東南アジアを主とする「そのほか地域」の87.7%で、こ…


SEMI 世界半導体製造装置統計を発表 出荷額前年比14%増 16年第3四半期

SEMIは、16年第3四半期の世界半導体製造装置の統計を発表した。出荷額は110億ドル(日本円で約1兆2500億円強)に達し、前年同期比で14%の増加。受注額は113億ドル(同約1兆2800億円)で、同30%増だった。 地域別では、台湾が34億ドル(同22%増)でトップ。次いで韓国の20億9000万ドル(同34%増)、中国の14億3000万ドル(同16%減)、日本の12億9000万ドル(同10%減)と続いた。 世界半導体製造装置 地域別の出荷額、前期比、前年同期比 ◆地域: 3Q 2016(10US$) 台湾 3.46/韓国 2.09/中国 1.43/日本 1.29/その他地域 1.13/北米…


温度調節器(計)特集〜半導体製造装置 好調を反映、増加基調で推移〜

温度調節器(計)市場は、半導体製造装置の好調を反映し、増加基調で推移している。食品・薬品・化粧品の3品市場も堅調に推移するなど総じて明るい状況が継続している。海外でもアジア市場を中心に日本メーカーの競争力の強さが目立ち、依然高いシェアを確保している。技術的には、見やすさに配慮した表示素子の改良と文字サイズの拡大、測定データの活用を考慮した通信ネットワークやパソコンとの親和性、さらには、省スペース性、環境特性などを中心に改良が加えられている。 電子式が主流 温度精度が向上 温度調節器(計)は、温度・湿度・圧力など各種センサから取り込んだ測定値を、あらかじめプログラムした設定値と比較し、その差を修…


日立産機 Ether CAT パケットデータの格納・出力装置 EC DATA Capture 半導体製造装置・工作機械など活用期待

日立産機システムはEtherCATのパケットデータを格納・出力できる装置「ECDATACapture」を開発、2016年秋発売に向けてサンプル投入を開始した。工作機械の挙動監視や半導体製造装置でのプロセスデータ監視などでの活用が期待される。 【IoTビジネス共創ラボ Pepperアプリ開発 ワーキンググループ開設】 同製品はEtherCATに接続し、送信・受信を含め、流れる全てのパケットデータについて通信周期をもらさず監視できる。格納データは最大13万フレーム相当で、全周期分間引かずに取り込んでも6分間保持できるデータ量に相当する。 データ収集のトリガは、外部接点からのDIトリガ、本体操作によ…


日本半導体製造装置協会(SEAJ)16年度需要予測 半導体・FPD製造装置の販売高4年連続増加

日本製の半導体とFPD(フラットパネルディスプレイ)製造装置の2016年度販売高が1兆7662億円と、07年以降最高額になる。特にFPDは15年度比41.1%の大幅な増加で、中国や韓国でのLTPS(多結晶シリコン)プロセスやOLED(有機EL)向け、第6世代(G6)の投資が増加すると見ている。 日本半導体製造装置協会(SEAJ、牛田一雄会長)がまとめた16年度~18年度までの日本製半導体とFPD製造装置の需要予測によると、16年度が15年度比9.8%増の1兆7662億円と大幅に増加する。今年1月の予測からは約60億円の増加であるが、15年度の実績が予測より約700億円少なかったことから、伸び率…


日本半導体製造装置協会(SEAJ) インド市場振興へ視察 世界市場勝ち残り策推進

日本半導体製造装置協会(SEAJ、牛田一雄会長)は、今年設立30周年を迎えることから、今後の日本製半導体製造装置が世界市場で勝ち残るための戦略立案を行う「2020年プロジェクト」をスタートさせた。 世界の半導体製造装置市場を3つに分け、(1)最先端市場(2)成熟先端市場(3)成熟市場でそれぞれ戦略を立てていく。 このうち、成熟先端市場の一つとしてインドに注目、「日印振興策」を展開する。インドは人口が中国に次いで多く、半導体の消費市場としても大きな新興国であることから着目したもの。 今年10月初旬に、経済産業省、SEAJの辻村副会長と森岡専務理事、参加希望会員企業がインドに行き、通信IT省、商工…


SEAJ「2020年プロジェクト報告」 半導体製造装置で新戦略

日本半導体製造協会(SEAJ)は8日、創立30周年事業として行った「2020年プロジェクト報告」の発表会を行い、約80人が参加した。 同プロジェクトは、同協会30周年記念として、25年以降も日本の半導体とFPD製造装置業界が世界で戦い、勝つための戦略を検討したもの。メンバーは会員企業の若手社員を中心に構成され、新しい戦略である「2020年プロジェクト」と、戦略構築のための「長期市場予測」を検討した。 長期的な市場予測として、電子機器・半導体産業はIoTを契機に大きく成長し、それにともなって半導体製造装置の売り上げも大きく伸長と予測。半導体デバイスも「最先端世代」「成熟先端世代」「成熟世代」の三…


「市場活性 円安メリットも」 一般社団法人日本半導体製造装置協会 牛田一雄 会長

謹んで新年のお慶びを申し上げます。旧年中は当協会の活動にひとかたならぬご協力をいただき、心から感謝申し上げます。 今年の半導体製造装置の市場環境につきましては、昨年夏からの減速状況から抜け出し、米国経済の好調に支えられながら成長することが予想されています。パソコン市場の成熟化、スマートフォン市場の成長鈍化などの不安要素はありつつも、CMOSセンサー需要の拡大に伴う日本の半導体製造装置市場の活性化や、中国政府によるFPD産業への積極投資などが期待でき、市場は拡大することが見込まれます。円安による為替のメリットもうまく利用することでさらなる成長が期待できると考えています。 ところで昨年末、税制調査…