動画 の検索結果

【流通各社トップが語る2019】高木商会、動画活用した営業展開

代表取締役社長 中山 広幸 2018年度上半期の売り上げは、前期比105.8%と良かったが、昨年秋頃から下降気味で1-3月がどうなるかだ。何とか前年度実績を上回って着地したい。 来年度の見通しは国際情勢が混沌としており、不透明感が強いため、今年度より厳しいかもしれない。 今年は、営業手法の一つとして動画コンテンツの活用に取り組む。仕入先の製品特長や成功事例を紹介した動画を全国の営業員に提供し勉強してもらったり、お客様に見てもらうことで、より製品への理解を深めてもらうことにつながる。動画はカタログより製品情報のポイントの説明が分かりやすく、熱量までが伝えられることでお客様へのアピールにもなる。 …


キヤノン、超高感度CMOSセンサー発売、識別困難な低照度環境下でカラー動画撮像が可能

キヤノンは、35mmフルサイズ超高感度CMOSセンサーの新製品「35MMFHDXSCA」を8月1日より発売した。 ▲35MMFHDXSCA おもな特長 新製品は、肉眼では被写体の識別が困難な0.001lux(※1)以下の低照度環境下で、カラー動画の撮像が可能な35mmフルサイズの超高感度CMOSセンサーです。本製品を活用することで、天体観測や自然災害の監視、産業用途など、超高感度撮影の幅広いニーズに対応できます。 ※1 星明かり程度の明るさ   0.001lux以下の低照度環境下でカラー動画の撮像が可能 一辺19µmの大きな画素により、超高感度を実現しています。また、画素が大型化する…


因幡電機産業 製造現場記録ユニット「チョコ停ウォッチャー」 チョコ停の原因特定へ動画保存

因幡電機産業は、第42回ジャンボびっくり見本市に出展、製造現場記録ユニット「チョコ停ウォッチャー」を紹介する。 製造現場では本格的な故障ではなく、一時的なトラブルのために設備が停止したり空転したりする状態(=チョコ停)が発生してしまう。現場担当が気づき、引っかかったワークを除去したり、セットし直したり、センサの調整などをすることによって設備は正常作動に復帰するが、チョコ停の回数が多いと設備稼働率が低下しコストに影響する。しかもチョコ停の原因は多岐にわたり、しかも突然発生するためなかなか原因がつかめない。そのため、製造現場では、人による監視やビデオカメラなどで撮影を行い原因究明が行われてきたが、…


因幡電機産業 チョコ停ウォッチャー「IB-ECT001」 “前後”15分間の動画を記録

因幡電機産業は、製造現場記録ユニット「チョコ停ウォッチャー」IB―ECT001を、ジャンボびっくり見本市で展示、受注を開始する。 製造現場では本格的な故障ではなく、一時的なトラブルのために設備が停止したり空転したりする状態(=「チョコ停」)が発生してきた。ワークを除去したり、セットし直したりすることによって設備は正常作動に復帰するが、チョコ停の回数が多いと設備稼働率が低下しコストに影響する。製造現場では、人による監視やビデオカメラなどで撮影を行い原因究明が行われてきたが、原因特定に非常に多くの工数がかかってきた。 本製品は、チョコ停が発生した瞬間に外部機器から信号入力を受け、その”前後”最大1…


因幡電機産業動画再生で高いパワー発揮薄型スリムアンドロイド端末発売

因幡電機産業Eテック事業部は、高性能チップセットTegra2プロセッサを搭載し、3Dグラフィックスや動画再生で高いパワーを発揮する薄型スリムボディのアンドロイド端末「INB―10N」=写真=を発売した。 INB―10Nは、CPUにTegra250、OSにアンドロイドバージョン2・2、無線LANにIEEE802・11b/g、ディスプレイに10・1型ワイドタッチスクリーン液晶を搭載。 動画再生は6・5時間、オーディオ再生は15・5時間、スタンバイ時間は96時間と、スタミナバッテリーによる長時間駆動が可能となっており、外出先でも安心できる。 モバイルスーパーチップNVIDIA Terga2を搭載。高…


コンテックなど3社リアルタイム動画配信で提携救急車と病院つなぎ指示

コンテック、阪神高速技術(大阪市中央区南本町4―5―7、TEL06―6120―2203、中島裕之社長)、情報技術(大阪市西区西本町1―3―15、TEL06―6539―6997、浜口義之社長)の3社はこのほど、リアルタイム動画配信システムの営業、販売、及び保守に関する業務提携を締結した。交通事故現場の救急車から医療機関に高精細の動画をリアルタイムに配信するもので、救急車両向けに100台から200台程度の導入を目指す。 この提携は、医療分野でのリアルタイム動画配信システムの導入から保守まで、一貫した体制を作ることを目的としており、コンテックは、主要機器の供給と、機器の保守サービスの提供を担当すると…


コンテック ハイビジョン動画をLANで長距離伝送 動画配信ユニット発売

コンテックは、ハイビジョン動画の高精細映像をLAN回線で長距離伝送する動画配信ユニット「FlexNetViewer HD」=写真=を開発、従来機種「FlexNetViewerシリーズVGA解像度対応静止画向け」の上位高機能版として9月1日(予定)から発売する。送信機4万5000円、受信機4万2000円。 FlexNetViewerHDは、LAN回線(100BASE―TX)を使用し、複数個所とのデジタル画像信号(DVI)の送受信を可能にするアプライアンス機器。 公共施設、交通、ショッピングモール、大型量販店、アミューズメント施設など様々な分野で、高品質な映像によるデジタルサイネージシステム(電子…


ユニバーサルロボット 初心者ユーザー向け、日本語版WEBツール 公開スタート

協働ロボ 簡単に活用シミュレーション ユニバーサルロボットは6月18日、ユーザーが最適なロボットやハンドなどを選択して協働ロボットの作業シミュレーションができるWEBツール「アプリケーションビルダー」の日本語版を公開した。利用は無料。 協働ロボットに興味があるがよく分からない、ロボットの動きを見てみたいといった初心者ユーザー向けに、ロボットを使う手順やスキルを認識してもらうためのもの。オンライン画面上で自らが希望する作業とロボット、ハンド、ワークの状態などを選ぶと自動的にロボットプログラムが生成され、画面上には作業現場でロボットが動くシミュレーションが出来上がる。ロボットの知識がほとんどない人…


三菱電機 ビルディングソリューションサイトが「エフィー賞」受賞、BtoBにおけるデジタルマーケティングが評価

三菱電機は、国際的な広告賞「エフィー賞」で、同社が米国で展開している「ビルディングソリューションサイト」が米国地域のBtoB枠で銅賞を受賞した。 エフィー賞は、マーケティングコミュニケーション活動を広告効果の面から世界基準で評価・表彰する広告賞で、1968年に始まり、今年で通算50回目を迎えた。今回のBtoB枠での受賞は同社のみで、日本の電機メーカーがBtoB枠で受賞するのは初となる。 ビルディングソリューションサイトは、米国市場向けにビルに関連するソリューションや関連機器の情報を網羅したサイト。従来のフェイス・トゥ・フェイスの営業活動と並行して、オンライン上で情報提供を行い、潜在顧客の発掘か…


モトローラ 無線ソリューション「WAVEブロードバンド無線システム」

業務用無線はノイズが飛び交う場所でも確実につながる信頼性と、本体の耐久性によって長く現場で愛用され、今も変わらず現場のコミュニケーションを支えている。 一方でWiFiやLTEといった無線通信も現場に普及している。しかし現状は、これら2つは別物として存在し、もっと便利につながれば現場のコミュニケーションが円滑になり、生産性を上げることができるはず。 モトローラ・ソリューションズは広域LTEネットワークを使用して、シームレスにつなぐソリューション「WAVEブロードバンド無線システム」を通じ、それを実現する。   現場の円滑なコミュニケーション基盤に 「WAVEブロードバンド無線システム」…