動画 の検索結果

因幡電機産業 製造現場記録ユニット「チョコ停ウォッチャー」 チョコ停の原因特定へ動画保存

因幡電機産業は、第42回ジャンボびっくり見本市に出展、製造現場記録ユニット「チョコ停ウォッチャー」を紹介する。 製造現場では本格的な故障ではなく、一時的なトラブルのために設備が停止したり空転したりする状態(=チョコ停)が発生してしまう。現場担当が気づき、引っかかったワークを除去したり、セットし直したり、センサの調整などをすることによって設備は正常作動に復帰するが、チョコ停の回数が多いと設備稼働率が低下しコストに影響する。しかもチョコ停の原因は多岐にわたり、しかも突然発生するためなかなか原因がつかめない。そのため、製造現場では、人による監視やビデオカメラなどで撮影を行い原因究明が行われてきたが、…


因幡電機産業 チョコ停ウォッチャー「IB-ECT001」 “前後”15分間の動画を記録

因幡電機産業は、製造現場記録ユニット「チョコ停ウォッチャー」IB―ECT001を、ジャンボびっくり見本市で展示、受注を開始する。 製造現場では本格的な故障ではなく、一時的なトラブルのために設備が停止したり空転したりする状態(=「チョコ停」)が発生してきた。ワークを除去したり、セットし直したりすることによって設備は正常作動に復帰するが、チョコ停の回数が多いと設備稼働率が低下しコストに影響する。製造現場では、人による監視やビデオカメラなどで撮影を行い原因究明が行われてきたが、原因特定に非常に多くの工数がかかってきた。 本製品は、チョコ停が発生した瞬間に外部機器から信号入力を受け、その”前後”最大1…


因幡電機産業動画再生で高いパワー発揮薄型スリムアンドロイド端末発売

因幡電機産業Eテック事業部は、高性能チップセットTegra2プロセッサを搭載し、3Dグラフィックスや動画再生で高いパワーを発揮する薄型スリムボディのアンドロイド端末「INB―10N」=写真=を発売した。 INB―10Nは、CPUにTegra250、OSにアンドロイドバージョン2・2、無線LANにIEEE802・11b/g、ディスプレイに10・1型ワイドタッチスクリーン液晶を搭載。 動画再生は6・5時間、オーディオ再生は15・5時間、スタンバイ時間は96時間と、スタミナバッテリーによる長時間駆動が可能となっており、外出先でも安心できる。 モバイルスーパーチップNVIDIA Terga2を搭載。高…


コンテックなど3社リアルタイム動画配信で提携救急車と病院つなぎ指示

コンテック、阪神高速技術(大阪市中央区南本町4―5―7、TEL06―6120―2203、中島裕之社長)、情報技術(大阪市西区西本町1―3―15、TEL06―6539―6997、浜口義之社長)の3社はこのほど、リアルタイム動画配信システムの営業、販売、及び保守に関する業務提携を締結した。交通事故現場の救急車から医療機関に高精細の動画をリアルタイムに配信するもので、救急車両向けに100台から200台程度の導入を目指す。 この提携は、医療分野でのリアルタイム動画配信システムの導入から保守まで、一貫した体制を作ることを目的としており、コンテックは、主要機器の供給と、機器の保守サービスの提供を担当すると…


コンテック ハイビジョン動画をLANで長距離伝送 動画配信ユニット発売

コンテックは、ハイビジョン動画の高精細映像をLAN回線で長距離伝送する動画配信ユニット「FlexNetViewer HD」=写真=を開発、従来機種「FlexNetViewerシリーズVGA解像度対応静止画向け」の上位高機能版として9月1日(予定)から発売する。送信機4万5000円、受信機4万2000円。 FlexNetViewerHDは、LAN回線(100BASE―TX)を使用し、複数個所とのデジタル画像信号(DVI)の送受信を可能にするアプライアンス機器。 公共施設、交通、ショッピングモール、大型量販店、アミューズメント施設など様々な分野で、高品質な映像によるデジタルサイネージシステム(電子…


インフォコーパス、「SensorCorpus」に拡張性の高いIoTシステムに対応した新機能を追加

~デジタライゼーション時代における標準プラットフォームを目指す~ インフォコーパス(東京都目黒区)は、ユニバーサルIoTプラットフォーム「SensorCorpus」(センサーコーパス)に、利便性向上、大規模導入に対応する新機能を追加したことを発表いたします。 今回の機能追加により、小規模から大規模まで、拡張性の高いIoTシステムへの要求にも柔軟に対応することが可能となります。新しい機能を実装したSensorCorpusは、2018年7月19日より提供を開始いたします。 SensorCoprusは、誰でも簡単に安くIoTを始められるプラットフォームとして今まで定評を頂いております。今回、新たに次…


日本航空電子工業、産業機器向け小型薄型ケーブル中継コネクタ「HB03シリーズ」を開発・販売開始

日本航空電子工業は、ロボット、自動機等の産業機器をはじめ、一般機器等にも広く使用可能で、配線の取り回しの容易な小型薄型ケーブル中継コネクタ「HB03シリーズ」を開発し、販売を開始いたしました。   概要 近年、工場の自動化が進み、製造現場にはロボットや自動機が数多く投入されています。これらの機器においては、現場スペースをより効率的に利用するため小型化が求められるとともに、機能の高度化によって構造はより複雑化しており、機器の内部配線スペースも限られてきております。 このような背景の中、当社は限られたスペースでも取り回しよく配線できる小型薄型ケーブル中継コネクタ「HB03シリーズ」を開発…


【便利ツール】ソフィックス、カメラでIoT化する操作パネル画像認識システム

〜アラーム発生前後の動画を自動で保存〜 IoTといえばセンサがつきもの。温度センサ、振動センサ、加速度センサ、照度センサなど、データ収集には欠かせない存在だが、そのセンサを使用せずに工場内のIoT化を実現するシステムがある。 ソフィックスの操作パネル画像認識システム「SOFIXCAN Ω EYE(ソフィックスキャン オメガ アイ)」だ。 既存の工作機械や装置にカメラを取り付けるだけで、対象機器をネットワークに接続し、どんなに古い機械でもすぐにIoT化してしまう同システムは、「古い機械を改造したくない」「コストをかけたくない」という理由からセンサの配線を嫌がるユーザーに応える形で開発された。 工…


横河電機 プラント内の巡回点検作業を支援 効率化と作業品質向上

横河電機は、プラント内の巡回点検作業を支援するソフトウエア「Oprex Operational Risk Management:Field Assistant R2.02」を開発、海外向けに6月11日から発売した。価格は500万円から。販売目標は2018年度10件、19年度15件。日本語に対応した機能強化版は年内に発売する予定。 新製品は、汎用のタブレット端末にインストールすることで、巡回点検作業時に必要となるチェックリストや関連書類などの膨大な情報を現場に簡単に持ち出すことを可能にする。データはタブレットに保存して利用するため、インターネットに接続できない環境でも簡単に導入できる。 作業手順…


アプトポッド、高速データストリーム処理が可能な産業IoTミドルウェアを正式リリース

▲システム全体イメージ アプトポッド(東京都新宿区)は、産業シーンのコネクテッド化・AI化・ロボティクス化が加速する次世代IoT分野において、継続的なAIの進化や遠隔制御などを実現するためのインフラとして、デバイス・サーバー間での高速なデータストリーム処理が可能な産業IoTミドルウェア「intdash (イントダッシュ)」、および時系列データの可視化、解析を支援するWebアプリケーション「Visual M2M (ビジュアルエムツーエム)」を開発、最新版を正式リリースいたしました。 「intdash」は、自動車、産業機器、ロボットなどがコネクテッド化する際にやり取りされる短周期かつ膨大な制御・セ…