三菱電機 の検索結果

三菱電機 産業用PC「MELIPCシリーズ」エッジ領域を1台で制御

三菱電機はFA技術とIT技術の統合ソリューション「e-F@ctory」へ取り組み、シーケンサMELSEC シリーズ、C言語コントローラ、プログラマブル表示器GOTシリーズなどを販売している。 さらに、今年5月からはエッジコンピューティング製品群の強化として、産業用PC「MELIPCシリーズ」をはじめ、産業用PCで動作するソフトウエア製品群「iQ Edgecross」のデータ分析・診断ソフトウエア「リアルタイムデータアナライザ」と、「データコレクタ」などを発売した。 「MELIPCシリーズ」は、フラッグシップモデルのMI5000、ミドルレンジモデルのMI2000、小型・低コストモデルのMI100…


三菱電機 スイス・ASTES4買収、板金自動化システム構築

三菱電機は、板金レーザー加工自動化システムを構成する仕分け装置の開発・製造・販売会社であるASTES4社(スイス)の全株式を取得、完全子会社化した。 三菱電機の板金レーザー加工機にASTES4の自動仕分け装置を組み合わせ、高付加価値な板金レーザー加工自動化システムとしてグローバルに提案・販売し、板金レーザー事業の売り上げ拡大を図っていく。 板金レーザー加工は、生産現場の人手不足やファイバーレーザー加工機による生産量の増加に伴い、前後工程を含めた自動化による生産性の大幅な向上が求められている。同社では今後、レーザー切断後の仕分け作業を省人化する自動仕分け装置の需要がグローバルで急速に増加すること…


三菱電機、スイスの板金レーザー加工自動仕分け装置メーカーASTES4社を買収

三菱電機は、板金レーザー加工自動化システムを構成する仕分け装置の開発・製造・販売会社であるスイスのASTES4 SA(以下ASTES4社)の全株式を取得し、完全子会社化しましたのでお知らせします。 当社の板金レーザー加工機にASTES4社の自動仕分け装置を組み合わせた高付加価値な板金レーザー加工自動化システムをグローバルに提案・販売し、板金レーザー事業の売上拡大を図ります。   ASTES4社買収の狙い 当社は板金レーザー事業を、日本・米州・欧州・中国・東南アジア・インドなどグローバルに展開しています。板金レーザー加工は、生産現場での人手不足やファイバーレーザー加工機による生産量の増…


三菱電機 中国政府系研究所と契約 戦略パートナーとして支援

三菱電機は、中国のグループ会社の三菱電機(中国)と三菱電機自動化(中国)が、中国政府直轄の研究所である機械工業儀器儀表綜合技術経済研究所(ITEI、北京市)と、「中国製造2025」の実現に向け、智能製造の標準化推進に関する戦略的パートナーシップを7月9日に締結した。 中国は、製造強国を目指すロードマップ「中国製造2025」を策定し、その具体的取り組み策として「15年智能製造特別プロジェクト」を15年に発表している。 同プロジェクトを推進しているITEIと三菱は、ITEI内にe-F@ctoryコンセプトに基づいた智能製造モデルラインを17年に構築している。 今回、協力関係をさらに強化するため、智…


三菱電機 秋葉原にFAソリューションセンター 見て、学び、試せる 新施設オープン

三菱電機は7月2日、東京・秋葉原にFA機器や産業用ロボットを常設展示し、トレーニングやデモテストなどを体験できる「東日本FAソリューションセンター」(東京都台東区台東1-30-7秋葉原アイマークビル1階)をオープンした。東日本の顧客を中心に1年間で1万人の来場を目指す。   FAシステムなど総合力の場に 同センターは、FAの基礎から応用までを学べるトレーニングスクールに、製品やロボットアプリケーション、ソリューションや導入事例などを見ることができるショールームと、実際にそれらを試せるテストエリアを加え、「見る・学ぶ・試す」が一カ所で体験できる施設としてオープンした。 「見る」ショール…


三菱電機、中国・機械工業儀器儀表綜合技術経済研究所と戦略的パートナーシップを締結

〜 e-F@ctoryにより、「中国製造2025」の実現に貢献 〜 三菱電機は、中国の当社グループ会社の三菱電機(中国)有限公司と三菱電機自動化(中国)有限公司が、中国政府直轄の研究所である機械工業儀器儀表綜合技術経済研究所(北京市、以下:ITEI〔※1〕)と、「中国製造2025」の実現に向けた協力関係を強化するため、智能製造の標準化推進に関する戦略的パートナーシップを7月9日に締結しますのでお知らせします。なお、同日、ITEIでパートナーシップ締結の調印式を行います。 ※1 Instrumentation Technology and Economy Institute, P.R. CHIN…


三菱電機 基板穴あけ用レーザー加工機 高い生産性を実現

三菱電機は、スマートフォンやタブレットPCなどに使用されるパッケージ基板に適した基板穴あけ用レーザー加工機「GTF4シリーズ」を発売した。販売目標は年間50台。 新製品は、加工テーブルの駆動とレーザー加工を同時に行うことで非加工時間を約50%短縮した制御方式「Synchromテクノロジー」の採用と、ミラーを高速で駆動し、レーザー光を位置決めする独自開発の高精度ガルバノスキャナーの高速化により、生産性を約10%向上。 パッケージ基板加工専用のレーザー発振器(ML5350UM)の搭載と4ビーム同時加工光学系の採用により、さらに高い生産性を実現する。 また、加工中の機械変形を抑制したプラットフォーム…


三菱電機、秋葉原に最先端のものづくりを見て、学んで、試せるFAセンターをオープン

 三菱電機は2日、東京・秋葉原にFA機器や産業用ロボットを常設展示し、各種機器やソリューションのトレーニング受講やデモテストなどを体験できる「東日本FAソリューションセンター」(東京都台東区台東1−30−7秋葉原アイマークビル1階)をオープンした。東京を中心とする東日本の顧客を中心に1年間で1万人の来場を目指す。 秋葉原から徒歩8分 最先端のものづくり技術を見て、学んで、試せる場所  同センターは品川区大崎にあった東京FAテクニカルセンターを移転・強化したもの。従来もあったトレーニングスクール機能に、製品やロボットアプリケーション、ソリューションや導入事例などを目で見て体感できるショウルーム機…


JECA製品コンクール 国交大臣賞に三菱電機 経産大臣賞は東芝インフラシステムズ

「JECA FAIR2018(第66回電設工業展)」(主催=日本電設工業協会)で実施された「第57回製品コンクール」受賞製品が発表された。今回の製品コンクールには、大阪開催では過去最多の55社がエントリーし、審査を経て14社の製品が選ばれた。 国土交通大臣賞には、三菱電機の「B/NET統合検針システム」、経済産業大臣賞には東芝インフラシステムズの「リチウムイオン蓄電池搭載無停電電源装置」、環境大臣賞には東芝ライテックの「LED高天井器具軽量タイプ」に決まった。 また、中小企業庁長官賞にはMIRAI-LABOの「リフィルバッテリー式発電機G-CROSS(ジークロス)」、労働者健康安全機構労働安全…


三菱電機 形彫放電加工機 最上位の機種登場 AI使い生産性向上

三菱電機は、コネクターなどの微細加工からスマートフォンや自動車部品などの中大面積まで多種多様な加工に適した形彫放電加工機の最上位機種として「SV-Pシリーズ」1機種を6月7日から発売した。価格は1750万円。販売目標は2018年度100台。 新製品は、新型制御装置「D-CUBES(ディーキューブ)」に内蔵した同社AI技術「Maisart(マイサート)」活用の新適応制御技術の搭載により、加工時の進行状況を自動判断するなど加工状態をリアルタイムに把握することで生産性を30%向上。 機械構造の見直しによる高剛性化と「Maisart」を組み合わせることで、微細加工から中大面積の加工まで多種多様なアプリ…