Search Results for 三菱電機

【各社トップが語る2018】三菱電機「エッジレベルの対応強化」

FAシステム事業本部機器事業部長 三条寛和 2017年度は、携帯関連、情報端末、自動車関連などの投資が拡大し、FPD(フラットパネルディスプレイ)、半導体、電子部品関連などでの需要が好調に推移している。FPDの繁忙からシーケンサのIQ-Rシリーズなどが新装置向けで採用が進み、半導体や電子部品製造装置・実装装置などでサーボモータの引き合いも急増している。 ACサーボシステムは増産に向けて、名古屋と中国・常熟工場で設備増設を行っており、18年4月までには月産48万台体制に持っていく。常熟では第2工場を2倍に拡張する工事も進めており、6月にはロボットの生産を名古屋に加えて常熟でも開始して能力を16年…


三菱電機 ビジョンセンサ新製品 コグネックス社と開発

三菱電機は、液晶・半導体・自動車・電子部品などの製造現場に使われるビジョンセンサ「MELSENSORシリーズ」の新製品として、コグネックス(東京都文京区)と共同開発した「VS70」6機種と「VS80」9機種の計15機種を2018年1月から発売する。両社は生産現場で使用されるFAセンサ事業の拡大を目指して事業の連携強化を図っており、今回が第2弾製品となる。 新製品は、CC-Link IEフィールドネットワークBasicとiQSS(iQ Sensor Solution)機能を搭載。同社シーケンサや産業用ロボットなどのFA機器との高い接続性により、対象物の有無検査や傷検査、寸法測定、位置決め検査など…


三菱電機「ワイヤ放電加工機」金型の高精度化対応

三菱電機は、自動車・精密電子部品等向けの水加工液仕様のワイヤ放電加工機の新製品として、金型の大型化および加工の高精度化に対応する「MP D-CUBES(エムピー ディーキューブ)シリーズ」3機種を11月27日から発売した。 新製品は、新制御装置「D-CUBES」のコーナー制御アルゴリズムを改良し、超硬合金厚さ80ミリでの連続加工時のコーナー精度2μメートルを実現。新超仕上げ電源搭載により、超硬合金加工において面粗さ0.6μメートルRzでの加工速度を従来比30%アップしている。 また、「D-CUBES」、シャフトリニアモータとサーボアンプによる駆動システム、構造体温度変化と上下ガイドの相対変位を…


三菱電機 2018年から中国で ロボット生産開始

三菱電機は、中国江蘇省の三菱電機自動化機器製造(常熟)でのロボット生産を開始する。同社内の第二工場内にロボット製造ラインを新設し、生産開始は2018年6月を予定。 中国では「中国製造2025」などの知能化・IoT化を進める国家プロジェクトや政府補助金施策による投資が活発化しており、スマートフォンなどの消費者向け電化製品の組み立ておよび同製品向けの部品業界におけるロボット需要が大きく伸長している。 同社では、中国のエンドユーザーへのスペックイン活動の強化や、SIパートナー網の拡充などで受注の拡大を図るとともに、今回、拡張を進めている常熟の第二工場(17年4月稼働開始)内にロボット製造ラインを新設…


三菱電機 産業用PC市場に参入 エッジコンピューティング製品充実

三菱電機は、「e-F@ctory(イーファクトリー)」におけるエッジコンピューティング製品群として、データ分析・診断ソフトウエア、SCADAソフトウエア、産業用PCを開発した。生産現場でのデータ収集・分析・リアルタイム診断による予防保全や品質向上など、データ活用による生産現場の改善に貢献する。発売は2018年春の予定。 データ分析・診断ソフトウエア「リアルタイムデータアナライザ」は、生産現場のデータをオフラインで分析して診断ルールを導出するため、稼働中の生産システムのリアルタイム診断が可能。AI技術「Maisart」の類似波形認識機能によりセンサー波形などのデータを学習・認識し、リアルタイム診…


三菱電機「SIL2対応 二重化シーケンサ」発売 二重化システム 構築可能

国際安全規格に適合 三菱電機は、汎用シーケンサ「MELSEC iQ-Rシリーズ二重化シーケンサ」の新製品として、国際安全規格に適合し、大規模から小規模まで柔軟に高性能・高信頼システムが構築できる「IEC61508 SIL2対応二重化シーケンサ」を10月31日から発売した。2017年度の販売目標は300台。 新製品は、SIL2プロセスCPUユニットとSIL2機能ユニットのセットと、二重化機能ユニットの組み合わせにより、SIL2対応の二重化システムを構築可能なシーケンサ。第三者認証機関であるTÜV Rheinland(テュフ・ラインランド)から社会インフラ分野向けシステムで要求される国際安全規格I…


三菱電機 中形ワイヤ放電加工機発売 長時間の高精度加工実現

三菱電機は、超高精度油加工液仕様の中形ワイヤ放電加工機「MX2400」を10月12日から発売した。価格は5000万円、販売目標は2018年度30台。 新製品は、新開発の高推力シャフトリニアモーターと超高剛性リニアガイドを組み合わせた駆動システムにより、加工時の微小な軸振動を低減。ベッド部分に高剛性鋳物を採用し、リニアガイド取り付け面の超高精度研削加工と、これまでに培った組み付け技術により、サブミクロンの真直度を実現する。 また、機械本体の温度を一定に制御することで、長時間でも安定した高精度加工が可能で、100時間を超える直径400ミリ大径真円加工で真円度2μmを達成している。 安定したワイヤ電…


三菱電機 中国のFA機器工場を拡張

三菱電機は、中国のFA機器生産会社である三菱電機自動化機器製造(常熟)の第2工場を2倍に拡張し、中国でのFA機器事業の拡大を図る。 近年、中国では製造業における自動化・省力化に加え「中国製造2025」などの知能化・IoT化を進める国家プロジェクトや産業振興策による投資が活発化しており、FA機器需要も大きく拡大している。 今回の設備拡張は、今後も中国でのさらなる需要の増加が見込まれることから、FA機器の生産体制を強化するもの。また、同社が展示コーナーの設立を支援し「e-F@ctory」などを展示している「常熟グリーン智能製造技術イノベーションセンター」とともに、FA統合ソリューションを適用したモ…


三菱電機 TFT液晶モジュールWXGA サンプル提供

三菱電機は、産業用カラーTFT液晶モジュール「DIAFINE(ダイアファイン)」の新製品として、計測器やハンディーターミナルなどの表示器向けに、10.1型WXGAのサンプル提供を10月1日から開始した。サンプル価格は10万円。 新製品は、高解像度・超広視野角・広い動作温度範囲で計測器の使用環境の多様化に対応する。WXGA(1280×800)の高解像度で多くの情報量を表示。上下左右170度の超広視野角は視認性を確保し、計測器の設置場所の自由度を向上。また、マイナス40℃~プラス80℃の広い動作温度範囲を実現しているうえ、超高輝度と高コントラストで屋外などの明るい場所でも視認性を確保できる。 フレ…


三菱電機 MELSENSORビジョンセンサ「VS20」照明一体でコンパクト

三菱電機は2017年からFAセンサのブランドを「MELSENSOR」として取り組みを開始した。 4月から販売した「MELSENSORビジョンセンサVS20」は、カメラ、照明、画像処理機能を手のひらサイズに凝縮した照明一体型のコンパクトサイズで、外付けの照明や画像処理ユニットが不要なため、狭いスペースにも設置できる。 また、初心者でも専用ソフトを用いて直感的な設定が簡単に行え、さまざまな用途で信頼性の高い検査システムの構築が可能。しかも高輝度なLEDリングライトを内蔵することで、外部照明が不要になり、コスト削減にもつながる。 さらに、SLMP対応により、同社のシーケンサ「MELSEC ⅰQ-Rシ…