ロボット展 の検索結果

「国際ロボット展2019」レポート、いよいよ活用 具体的段階へ

主役はシステム・アプリケーション 周辺機器の展示も充実 2019年12月18日から21日の4日間にかけて行われた「国際ロボット展2019(IREX)」。 東京オリンピック・パラリンピックの準備の影響で東京ビッグサイト西・南ホールと青海会場の2会場での分散開催という逆風にも関わらず、前回17年の13万480人を1万人以上上回る14万1133人が来場し、盛況裡に終了した。 年々ロボット需要が高まるなか、今回はどんなトレンドが見てとれたのかをレポートする。   ■15年・17年振り返る 話題は協働ロボット 「ロボット新戦略」でロボット産業への期待が一気に高まるなかで行われた2015年。最も…


「2019国際ロボット展(iREX2019)」見どころは?速報取材レポート大公開

2019年12月18日(水)〜21日(土)の4日間、東京ビッグサイトで開催中の「2019国際ロボット展(iREX2019)」。国内外の産業用ロボット、サービスロボット、関連機器が一堂に集まるロボットの展示会です。 本ページでは展示会の概要とともに、見どころやトレンドをチェックできる速報取材レポートをお届けします! 「2019国際ロボット展」速報取材レポート掲載内容 エプソン販売株式会社 手動調整いらずの『パーツフィーディングシステム』など ロボット・ビジョン・センシング技術を豊富なデモを通じて紹介 ファナック株式会社 世界初公開となる新しい協働ロボット『CRX-10iA』をはじめ、 スカラロボ…


「国際ロボット展」幕開け、人と同じ作業可能に 日本技術の底力見る

12月18日~21日 東京ビッグサイト 日本のロボット市場は、検討から導入、活用へとステップを着実に上がっている。そんな重要なタイミングで行われる今回の国際ロボット展2019。より具体的で、現場での利用に配慮した展示が中心となり、新製品や新技術など話題がたくさんあるなか、今回の見どころを紹介する。   力覚センサ+ロボットで高度な精密作業 産業用ロボットはこれまで自動車や電子機器業界における溶接や塗装、組み立て、マテハンなど、いわゆる3K作業の自動化、生産性を求められる単調な作業がロボットの主要な使い道とされてきた。それが近年の技術進化によってロボットでも人手に近い、または人を超えた…


「2019国際ロボット展」12/18〜21 東京ビッグサイトで開催、ロボットがつなぐ人に優しい社会

2019国際ロボット展 12月18日(水)~21日(土) 会場:東京ビッグサイト 青海・西・南ホール 「産業用ロボットゾーン」圧巻の展示 世界最大級のロボットトレードショー「2019国際ロボット展(iREX2019)」(主催=日本ロボット工業会、日刊工業新聞社)が、12月18日(水)~21日(土)の4日間、東京ビッグサイトの青海・西・南ホールの3会場で開催される。 出展者数・小間数共に過去最大規模での展示となり、国際色豊かなシンポジウム・フォーラムも連日行われる。 開場時間は10時~17時、入場料は1000円(事前登録者および招待券持参者、中学生以下は無料)。※写真は前回2017年の様子 &n…


2020年 新しいロボット展示会に期待大

来年2020年7月2日にロボット関連の新しい展示会が誕生する。それが「ロボットテクノロジージャパン」(主催:ニュースダイジェスト社)だ。 会場は中部国際空港・セントレアに隣接し、今年8月にオープンする愛知県国際展示場。日本の製造業の中心地で、新設の会場で新規のロボット展示会、すべてが新しいもの尽くし。 しかも多くのロボットが動く具体的なデモ展示が目玉になるというから、今から開催が楽しみで仕方ない。   同展は、「産業用ロボット・自動化システムの専門展」をコンセプトとし、サービスロボットやドローンなどは対象外。製造業や物流の現場の課題解決に特化し、来場者も愛知県を中心とする中部地方の製…


【国際ロボット展リポート】「簡単ティーチング」熱視線 各社、実機デモでアピール

ロボットの普及スピードを上げるためには、導入ハードルを下げる必要がある。コストやエンジニアリングはもちろんだが、最も高いハードルとなっているのが「ティーチング」と呼ばれるロボットに動作を教え込む教示作業。今回のロボット展ではそれを解決するための技術提案が目立った。 ロボットメーカー各社は、ロボット本体を手で動かして軌跡を覚えさせるダイレクトティーチングに対応した製品を出品。特に、これまでロボットを使ってこなかった産業や工程、中小企業向けに関心が高まっている協働ロボットで、簡単に教示作業ができるといううたい文句をもとに、実際に実機で体験してもらうデモが多く見られた。協働ロボットで先行するファナッ…


SCF/計測展、国際ロボット展 盛況のうちに閉幕 前回上回る来場者数

11月29日から東京ビッグサイトで行われていたSCF2017/計測展2017東京が12月1日に、国際ロボット展が2日に閉幕した。いずれも来場者数は2年前の前回を上回り、大きな盛り上がりを見せた。 前回はインダストリー4.0やIoT、スマートファクトリーの言葉が先行していたが、今回は各社が現場レベルの作業にまで落とし込んだアプリケーション展示や、具体化されたそれらにAIやディープラーニングを組み合わせて高度化した少し先のソリューション等が展示された。 制御機器関連では、工場内のロボットや製造装置、モータ、インバータなどバラバラの装置を1台でコントロールする統合制御システム、工場ネットワークの構築…


SCF・計測展/国際ロボット展 11月29日から開幕 次世代のものづくり一堂に

11月29日からSCF・計測展、国際ロボット展が東京ビッグサイトで始まった。コネクテッドインダストリーズに向けて、その基盤を支える計測と制御技術と、実際に仕事をするロボットの最新のコンセプトと技術、製品が数多く出品されている。これからの次世代ものづくり、未来の製造業の仕組みを考える上で、今回はどのあたりを見ればいいのか? その見どころ・ポイントを紹介する。 SCF・計測展 「現場のネットワーク化」注目 SCF・計測展に関して、最も重要なトピックは「製造現場のネットワーク化の動向」。前回に比べ、フィールドとITとの連携、実際の製品を組み合わせたネットワーク構築の事例、そこで実現できるサービス等が…


2017国際ロボット展 11月29日~12月2日 東京ビッグサイト 612社・団体2775小間 過去最大規模で開催

国内外における産業用・サービス用ロボットおよび関連機器を一堂に集めて展示し、利用技術の向上と市場の開拓に貢献し、ロボットの市場創出と産業技術の振興に寄与する「2017国際ロボット展」(主催=日本ロボット工業会、日刊工業新聞社)が、11月29日から12月2日の4日間、東京ビッグサイトで開催される。開場時間は午前10時~午後5時、入場料1000円(事前登録者および招待券持参者、中学生以下は無料)。 同展は2年に一度開催する世界最大規模のロボットトレードショーとして、今回で22回目を迎える。今回のテーマは「ロボット革命がはじまった-そして人に優しい社会へ」。出展社数は612社・団体による2775小間…


2017国際ロボット展 11月29日~12月2日 東京ビッグサイト 過去最大の規模

150社・900小間増 会場も6ホールに 2017国際ロボット展(iREX)が、11月29日から12月2日までの4日間、東京ビッグサイトで開催される。ロボット産業は世界的にも関心が高く、日本でも官民挙げて振興に力が入っている。同展は2年に1度の世界規模のロボット見本市、最先端の技術とアプリケーションが揃い、今秋必見の展示会だ。 同展は2年に1度の開催で、今年で22回目を迎える。テーマは「ロボット革命がはじまった そして人に優しい社会へ」として行われる。今回は612社・団体による2775小間となり、出展者・コマ数ともに過去最大。前回の446社・団体の1882小間から150社・団体、900小間ほど…