2022国際ロボット展 3月9日東京ビッグサイトで 3月1日からオンライン先行開催

世界最大規模のロボット技術とサービスの専門展示会「2022国際ロボット展(iREX2022)」(主催:日本ロボット工業会、日刊工業新聞社)が、3月1日にオンラインで、3月9日から東京ビッグサイトで開幕する=写真。

前回の2019年は、637社が出展し、来場者は14万人を超える大イベントとなった。今回は「ロボットがつなぐ人に優しい社会」をテーマに、産業用ロボットをはじめ、サービスロボット、関連サービスなどロボットにまつわる製品・サービス、技術が世界中から集まって展示される。

また講演・セミナー、ウェビナーも連日数多く行われる予定。3月9日13時~西3ホールステージAでは、「『iREXロボットフォーラム2022』~社会が求めるロボット、そして変わる社会~」と題し、安川電機、ファナック、川崎重工業、不二越、ABB、KUKAといった大手ロボットメーカーとロボットSIer、ユーザー企業を招いて働き方や人手不足に係るロボット活用などについて発表が行われる。

今回はオンラインとリアル展の併催となり、オンラインは3月1日からスタートし、18日まで開催。リアル展は3月9日から12日まで東京ビッグサイト東1~8ホール/西3・4ホールを使って行われる。

https://biz.nikkan.co.jp/eve/irex/

https://www.jara.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG