ロボットティーチング の検索結果

英和独社のロボットティーチングシステム日本での独占販売権

英和(阿部健治社長)は、ドイツのベンチャー企業RevXperts(レブクスペルツ)社とバーチャルリアリティロボットティーチングシステム「Track―In」の日本での独占販売権を締結した。溶接個所をプローブでなぞるだけでロボットに動作経路を記憶させることができ、ティーチング作業時間を最大90%削減できる。国際ロボット展で公開する。初年度数十セットの販売を見込んでいる。 レブクスペルツ社は、2006年設立のベンチャー企業で3次元測定の画像処理で優れた技術を保有している。ティーチングシステムは欧州の自動車、自動車部品メーカー向けに納入実績を持っているが、日本市場の開拓へ英和と販売独占権を締結した。 …


クフウシヤとファブエース 協働ロボットでTIG溶接を実現

「Co-TIGWelders」 多品種少量の板金溶接を自動化・ロボット化 ユニバーサルロボットの協働ロボット「URシリーズ」の最大の特長は「シンブルでカンタンな操作性」。ロボットが手元に届いて設置したら、誰でもすぐに動かすことができる直感的な操作性が高く評価されている。そのためロボットの専門家でなくても簡単にティーチングができ、しかも短時間でできるため、少量多品種で段取り替えが多い作業工程や、「助っ人」としてさまざまな工程を助けて回るようなケースでは、その運用の柔軟性が威力を発揮する。 そんなURの強みを活かし、数ある溶接技術のなかでもTIG溶接のロボット化を実現したのが、ファブエース(横浜市…


IoT・スマートファクトリー リンクウィズ代表取締役 吹野 豪に聞く 産業用ロボットをデータプラットフォームに 「モノづくりシステム」海外へ

浜松市を拠点に対象ロボットを選ばないインテリジェントロボットソフトウェアを開発・提供するリンクウィズ。3DCAD開発で培った技術をベースに、自動ロボットコントロールツール「L-Robot」や自動検査ツール「L-Qualify」を開発、産業革新機構からの出資も決定している。産業用ロボットとソフトウェア技術で製造現場の多くの課題を解決する同社の技術や今後の展望について、吹野豪代表取締役に話を聞いた。 -リンクウィズ創業の背景を教えてください 私自身、前職で3Dビジョンセンサー、3DCAD(主に3次元形状処理)関連の新規事業開発をしていたのですが、2015年3月に志を同じくする仲間2人と一緒に創業し…


産業革新機構 戦略投資グループ 丹下 智広 ディレクターに聞く「世界に誇る技術」支援 オープンイノベーション推進へ投資

ルネサスエレクトロニクスやジャパンディスプレイへの出資など「業界再編」のイメージが強い産業革新機構だが、実際は投資件数ベースで8割弱をアーリー/ベンチャー企業に振り向けているベンチャーキャピタル(VC)の側面を持ち合わせている。基本理念に「オープンイノベーションを通じて次世代の国富を担う産業を育成・創出する」を掲げ、最近は産業用3Dロボットビジョンシステムを手掛ける三次元メディアや、減速機のハーモニックドライブ、三次元制御ソフトウェアのリンクウィズなどに出資を行い、生産技術領域への投資も活発に行っている。戦略投資グループの丹下智広ディレクターに話を聞いた。 -VCや新規事業に対する投資業務も主…