ロボットアイデア甲子園 の検索結果

SIer協会 ロボットアイデア甲子園決勝大会、最優秀賞に加藤さん(山梨県)

6軸+6軸の斬新さ高評価 FA・ロボットシステムインテグレータ協会(SIer協会、久保田和雄会長)主催による「ロボットアイデア甲子園」の決勝大会が国際ロボット展最終日に行われ、最優秀賞に加藤勇典さん(山梨県立甲府工業高等学校)、準優秀賞に山根朱由乃さん(熊本県立翔陽高等学校)が選ばれた。 ロボットアイデア甲子園は、産業用ロボットを使ったシステムを見学して知識を深め、新たな産業用ロボットを使用したアプリケーションのアイデアを考え、実際のビジネスの現場に生かしていくプランを提案して競うコンテスト。高等学校か高等専門学校、専門学校に通っている学生が参加できる。 決勝大会は全国10カ所の予選大会を勝ち…


SIer協会 ロボットアイデア甲子園 12月に全国大会、将来担う若手発掘

産業用ロボットの普及・拡大の最大の課題は人材不足。特に、問題を抱える現場に対し、ロボット活用法とシステム構築を通じて解決に導く「ロボットシステムインテグレータ(ロボットSI)」の人材確保と育成は、ロボットの社会実装に向けた大きな課題となっている。 それに対しロボットSIの業界団体であるFA・ロボットシステムインテグレータ協会(SIer協会)は、若者に向けて産業用ロボットとロボットSIの認知と魅力を伝え、人材発掘を目的とする「ロボットアイデア甲子園」を開催。 12月の国際ロボット展での全国大会を目指し、いま全国各地で熱戦が繰り広げられている。   世界へアピール ロボットに触れ考える機…


[令和のFA業界を考える]ものづくり・FAの「楽しさ」 若者に伝える努力を

IIFES 国際ロボット展 業界に呼び込む工夫随所に 少子化によって労働人口が減り、国内では人材の獲得競争が激しい。学生にとってロボットやIoT、自動化に対して関心度は高いが、職業としての製造業、FA業界は決して人気は高くない。 一方でFAやロボット需要は年々拡大傾向にあり、案件は増えるばかり。需要増と人手不足、この構図は業界を挙げて解消すべき大きな課題だ。 そんななか2019年末に行われた「IIFES」と「国際ロボット展」では、主催者や各社ともに学生を業界に呼び込む工夫に注力し、いたるところで学生の姿が見られた。若者層へのFA業界の認知はもっと進めていく必要がある。   学生と企業…


「2019国際ロボット展」12/18〜21 東京ビッグサイトで開催、ロボットがつなぐ人に優しい社会

2019国際ロボット展 12月18日(水)~21日(土) 会場:東京ビッグサイト 青海・西・南ホール 「産業用ロボットゾーン」圧巻の展示 世界最大級のロボットトレードショー「2019国際ロボット展(iREX2019)」(主催=日本ロボット工業会、日刊工業新聞社)が、12月18日(水)~21日(土)の4日間、東京ビッグサイトの青海・西・南ホールの3会場で開催される。 出展者数・小間数共に過去最大規模での展示となり、国際色豊かなシンポジウム・フォーラムも連日行われる。 開場時間は10時~17時、入場料は1000円(事前登録者および招待券持参者、中学生以下は無料)。※写真は前回2017年の様子 &n…