コンピュータ の検索結果

コンテック ファンレス組み込み用PC、ボックスコンピュータ受注開始

コンテック(大阪市西淀川区)は、高速化と拡張性を追求したファンレス組み込み用ボックスコンピュータ「BX-M1000シリーズ」を2月19日から受注開始した。 新製品は、第7世代Intel Coreプロセッサ(Kaby Lake)を搭載し、高性能マルチコアCPUを搭載、ファンレス(完全自然空冷)稼働を実現し、豊富な拡張インターフェイスを備えている。 従来製品(BX-1000)と同一寸法のため既存システムへの置き換えが容易な設計でありながら、従来品と比べてCPO性能は最大40%、メモリ容量は2倍に向上させつつ約15%のコストダウンを実現する。   CPUは、Core i5-7300Uまたは…


東芝インフラシステムズ コスパに優れた新モデル、スリム型産業用コンピュータ

東芝インフラシステムズは、コストパフォーマンスに優れたスリム型産業用コンピュータシリーズの新モデル「FA2100T model 600」を発売した。 CPUはIntel CeleronプロセッサG3900TE(2.3GHz/2コア)を採用し、従来機種の2倍の処理能力を実現。メインメモリに最新のDDR4 SDRAMを採用し、最大8GBまで搭載可能。ECC機能も備え、安定稼働を実現している。エッジコンピューティングや大規模データを扱う用途に最適となっている。 Ethernetインターフェースを3ポート標準搭載し、ネットワーク接続にも対応。RS232Cインターフェースポートを2ポート標準搭載し、拡張…


シュナイダー「産業用コンピュータ」Atom搭載で能力向上

シュナイダーエレクトリックは、産業用コンピュータ「PS5000シリーズ」についてモジュラータイプのAtomモデルを発売した。 PS5000シリーズは、ハイスペックなCPUと拡張性を備え、パワフルな処理と堅牢性を兼ねた産業用コンピュータ。新モデルは、CPUに最新のAtomを搭載し、従来機種と比べ40%処理能力がアップ。ストレージにはM・2 SSDやeMMCを採用することで本体も小型化した。 シリーズ中で最もコストパフォーマンスが高く、高速大容量のデータ制御がしたい、PLC制御に限界を感じている、パソコンベースでの設計に信頼性が欲しいという用途向けに最適となっている。 ボックスとディスプレイを組み…


【2019年 年頭所感】コンピュータソフトウェア協会、重要度ますDX人材の育成

コンピュータソフトウェア協会 会長 荻原 紀男 新年あけましておめでとうございます。皆様には、平素より協会の事業・活動に対し格段のご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。平成最後の年頭にあたりご挨拶申し上げます。 昨年、まず本庶佑(ほんじょ・たすく)特別教授のノーベル生理学・医学賞受賞は明るいニュースでした。ただ、西日本を襲った集中豪雨や北海道胆振東部地震など多くの災害に見舞われました。被災地の方々に心よりお見舞い申し上げますとともに、被災地の一刻も早い復旧・復興を祈念しております。 政治・経済面では、米国トランプ政権のアメリカ第一主義により我が国も通商問題や中国経済減速の余波などの懸念はあるもの…


コンテック 最長7年 充実の保守、FAコンピュータ新シリーズ投入

コンテック(大阪市西淀川区)は、充実の保守メニューとパワフルでコンパクトな特長をもつFAコンピュータの新シリーズ「VPC-700シリーズ」を開発、10月30日から受注を開始した。 新製品は、自社設計のMini-ITX産業用マザーボードを採用したスモールフォームファクタのFAコンピュータ。パワフルなエッジコンピューティングを実現する第6世代インテル Coreプロセッサを搭載しており、小型でありながら、高機能CPUのCore i7、ミラーリングのストレージ構成が可能。ストレージは、前面ハッチから着脱ができる。 LowProfileサイズの拡張スロットが1基、異なるネットワーク階層を相互接続できる3…


PFU 小型コンピュータセットモデル、最適カスタマイズ提案

PFU(横浜市西区)は、発売以来好評の「EtherCATカード(AI400シリーズ)」を、同社の小型コンピュータ「AR2000シリーズ」に標準搭載した「AR2100/AR2200 EtherCATセットモデル」の販売を開始。 産業向けIoTの普及に伴い、装置やセンサーとのデータ通信応答性能を向上するニーズに対応するもので、同社の専任エンジニアが顧客ニーズを的確に把握し、ハードウエア、BIOS、OS、ソフトウエアの最適なカスタマイズを提案する。 同セットモデルは、ARシリーズの高信頼性、保守性と産業用ネットワーク接続機能を兼ね添え、さらに専用SDKとEtherCAT導入向けのサンプルプログラムも…


産業用コンピュータ、IoT追い風 市場拡大続く

長期間の安定供給が強み 産業用コンピュータの市場が拡大している。製造業やインフラ設備など停止が許されない厳しい使用環境での用途に加え、IoTやM2Mに代表される新しい市場でより現場(エッジ)に近いところでの処理ニーズ対応する端末としての用途も求められてきている。汎用コンピュータとは異なる仕様と供給・サポート体制が求められる側面も多く、それが付加価値となって評価を高めている。また、ハード面、ソフト面からのセキュリティ対応も重要になっている。 産業用コンピュータは、製造業、非製造業を問わず幅広い分野で使用されている。製造分野では半導体・液晶製造装置、計測・検査装置、工作機械などのディスクリートの生…


東芝インフラシステムズ ラックマウント型産業用コンピュータ「FR2100T model 700」処理能力を2倍以上向上

東芝インフラシステムズは産業用コンピュータとして、ハイエンドの産業用サーバ「FS20000S model 200/100」、スリムタイプの「FA2100T model 700」をはじめ、デスクトップタイプやラックマウントタイプなど用途に応じた幅広いラインアップを誇る。 いずれも、産業用コンピュータで40年以上培ってきた技術により、長期間の安定稼働による高い信頼性獲得、および長期の供給・保守体制を確立している。 お客様のシステムを何世代にも亘り継続サポートしていくことで、循環型ライフサイクルビジネスとすることをコンセプトにしている。   また、IoT化の将来動向を見据えた機能強化にも取…


ハーティング 処理能力向上モデル追加、産業用コンピュータ拡充

ハーティング(横浜市港北区)は、手軽さと堅牢性を兼ね備えた小型のモジュラー型産業用コンピュータ「MICAシリーズ」に仕様を強化したモデル「MICA2」を追加し、7月23日から発売した。 「MICAシリーズ」は、フィールドデータを現場で処理してクラウドに上げたり、プロトコル変換により新旧機器を同一のネットワークに接続したりするだけでなく、ソフトウエアPLCを搭載してPLCとして使用したり、カメラを接続して画像認識ソフトでマシンビジョンなどの画像認識を行ったりすることもできる。 新モデルは、画像などの大容量データに対応するため、RAMを2GB、フラッシュメモリを16GBに増強。   また…


PicoCELA、配線不要のエッジコンピュータ「PCWL-0400」発売

〜IoTソリューションの構築に新風到来! 配線無しで繫がるエッジコンピュータ登場。無線LANエリアの広域化も同時に実現。クラウドサーバとも連携するIoTソリューションの中核デバイス誕生〜 PicoCELA(東京都中央区)は、 多段無線中継機能と企業グレードの無線LANアクセスポイントを搭載したエッジコンピュータ「PCWL-0400」を2018年7月9日に発売いたしました。 さまざまなモノがインターネットにつながるIoT。 2020年にはその数が500億個以上になると予想されています。 これらのIoTデバイスをインターネットに接続するためにはおびただしい量のLANケーブル配線が必要となり、 また…