コンパクト電動シリンダ の検索結果

オリエンタルモーター「コンパクト電動シリンダ」 ワイドテーブルタイプ登場

オリエンタルモーター(東京都台東区)は、コンパクト電動シリンダ「DRシリーズ」に、αSTEP AZシリーズを搭載したワイドテーブルタイプを3月29日から発売した。 DRシリーズは、ステッピングモーターにボールねじを組み込んだ直動機構のアクチュエータで、取付角寸法28ミリメートルとコンパクトなため、装置の小型化や軽量化を実現。装置設計や部品の選定時間の短縮とコストの低減も可能。 2018年に発売したロッドタイプ、ガイド付きロッドタイプ、テーブルタイプに続いて、今回ラインアップに追加したワイドテーブルタイプは、DRシリーズで最も許容モーメントが高い製品となる。精密ボールねじの採用により高精度な位置…


オリエンタルモーター、コンパクト電動シリンダ DRシリーズを新発売

オリエンタルモーター(東京都台東区)は、ボールねじをステッピングモーターに組み込んだ直動機構のアクチュエータ DRシリーズを新発売します。 ▲左から、位置決め機能内臓ドライバ、AZ 搭載ロッドタイプ、PKP 搭載テーブルタイプ、取付プレート付ドライバ 概要 ステッピングモーターとボールねじを一体化し、直線動作を実現した、取付角寸法28mmのコンパクト電動シリンダです。バッテリレスアブソリュートセンサを採用したAZシリーズ搭載と高トルク・低振動のPKPシリーズ搭載をご用意しています。 特徴 1. ボールねじ一体型で、高精度位置決めを実現 中空ローターとボールねじのナットを一体化することで、連結部…


オリエンタルモーター 新電動シリンダ発売 ボールねじ一体化実現

オリエンタルモーター(東京都台東区)は、ボールねじをステッピングモーターに組み込んだ直動機構のアクチュエータ「DRシリーズ」を6月20日から発売した。販売目標は3年後シリーズ全体で月1000台。 新製品は、取付角寸法28ミリメートルのコンパクト電動シリンダ。中空ローターとボールねじのナットを一体化することで連結部品を不要としている。また、カップリング剛性など、部品の組み合わせによるバックラッシの影響を抑えることができ、精度の高い位置決めを実現する。 機構はテーブルタイプとロッドタイプを用意。テーブルタイプはシリンダに負荷を固定できるガイドを付けた製品で、負荷の直接取り付けが可能。ロッドタイプは…