オムロンレーザーフロント の検索結果

オムロン、オムロンレーザーフロントの全株式をTOWAに譲渡

オムロンは、当社が保有するオムロンレーザーフロント(以下、OLFT)の全株式を、半導体モールディング装置のリーディングカンパニーであるTOWAに譲渡する契約を締結いたしました。なお、株式譲渡は、8月1日に完了する予定です。   1. 背景 OLFTは、レーザー発振器や「レーザトリマ」「ウェハマーカ」などレーザー加工装置の製造、販売、アフターサービスを手掛けるオムロンの連結子会社です。特に「レーザトリマ」において高い市場シェアを持ち、電子部品や半導体の製造業各社を主たる顧客として事業運営を行っています。 オムロンでは長期ビジョン「VG2020」の達成に向け、成長サイクルの強化と収益性の…


TOWA、オムロン子会社買収 新市場創出など目指す

TOWAは、オムロンの子会社であるオムロンレーザーフロント(相模原市中央区、小林光生代表取締役社長)の株式をオムロンから取得し、連結子会社化する。株式譲渡実行日は8月1日の予定。 TOWAは、半導体モールディング装置のリーディングカンパニーで、2014年に「ものづくり企業の真価に挑む」をテーマに掲げ、“既存事業の伸長・市場シェアアップ”と“コア技術の応用展開による「新たな市場」の創造”により、10年後には売上高500億円、営業利益率16%の達成を目指す長期経営ビジョン「TOWA10年ビジョン」を発表している。 一方、オムロンレーザーフロントは、国内におけるレーザ複合装置の草分け的存在で、レーザ…


東北地方太平洋沖地震業界情報

<3月25日> オムロン グループ社員と同居の家族についても全員の無事を確認した。生産拠点の状況は、レーザ加工装置製造のオムロンレーザーフロント(神奈川県相模原市)が、通勤上の制約などで部分稼働状態だったが、18日時点で通常の出勤状態に復帰し、生産についても通常の状態に復帰した。一方、計画停電の実施により営業時間を変更する場合がある。 また、グループ会社で医療機器販売のオムロンコーリンは、地震の影響で閉鎖していた仙台支店を一部復旧した。 同社では、今回の地震による業績への影響を現在精査中である。 なお、同社及び同社グループ各社は12年度の社員採用について、被災地の学生に公平な選考機会を提供する…


人事オムロン

【執行役員】 (3月21日付) ▽社長付(インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー社長)執行役員専務森下義信▽グループ戦略室長付(オムロンマネジメントセンターアメリカ会長兼社長兼CEO、オムロンマネジメントセンター欧州会長兼社長)執行役員常務山本卓二▽社長付(経営資源革新本部長)同雨宮一信▽同(エレクトロニック&メカニカルコンポーネンツビジネスカンパニー社長)同作宮明夫▽同(グループ戦略室長)同山田義仁▽インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー社長(インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー産業機器統轄事業部長)同藤本茂樹▽経営資源革新本部長付(経営資源革新本部人財…