【オートメーション新聞9月14日号】21年センサは世界でどれだけ売れたのか?/配線接続機器特集/日立のSI戦略など

オートメーション新聞は、2022年9月14日号を発行しました。今週号では、2021年に世界ではどのセンサが、どれだけ売れたかの調査結果である「JEITA2021年グローバルセンサ出荷数量・金額実績」のほか、つながる工場の土台を支える配線接続機器の製品特集、日立製作所が産業DXに向けて進めるSI戦略、工場新設・増設情報<9月第2週>などを取り上げています。

編集長が解説する今週号のポイント

DXやデータ活用社会の実現は、そもそもリアルなデータがあってこそ。データを取得するためのセンサ市場は年々拡大しています。世界的に出荷される個数では温度センサが7割と圧倒的に多く、金額では光度センサが7割を占めています。需要ではスマートフォン向けが一番多いですが、伸び率では製造業やインフラ、ドローンやロボットなど産業用の伸びが目覚ましく、今後も成長が見込まれています。

日立製作所がアメリカ市場の攻略に向け、SCADAやMESなどに強い米国の製造業ITのシステムインテグレータを買収しました。2019年にはラインビルティングやロボットシステムに強いOTのシステムインテグレータを買収してグループに組み込んでおり、今回の買収によって米国市場でITとOTの両方をまとめて提案・提供できる体制が整いました。またこのSIの買収は、北米の優良顧客を手に入れたという見方もでき、SIのアプローチでじわじわと市場に浸透していくという戦略が透けて見えます。

また特集として「配線接続機器」を取り上げています。デジタル化にともなって機器同士の接続点数が増え、配線接続機器の需要は旺盛となっています。工数削減に向けてねじ式からスプリング式の採用が増え、これまでねじ一辺倒だった公共向けでも少しずつスプリング式の採用が進んでいます。そんな配線接続機器市場と技術、主要製品を紹介しています。


オートメーション新聞PDF電子版サービスのご紹介

オートメーション新聞は、新聞のPDFデータをメールでお送りし、いつでもどこでもオートメーション新聞を読むことができる【PDF電子版サービス】を提供しています。

【法人向けサービス】は、年間購読料3万3000円(税込)で、御社の社員全員に対してPDF電子版サービスを提供し、希望者であれば誰でもPDFデータでオートメーション新聞を読めるというサービスです。1契約で10人、100人、1000人と同一車内では人数制限なく使うことができ、大変お得になっています。

【個人向けサービス】は、個人利用に限って年間購読料6600円(税込)でPDF電子版サービスを利用できるというもの。ひと月で換算すると500円なので、大変コストパフォーマンスも良くお得なサービスとなっています。ご興味ある方はぜひお問合せください

またお試し版として無料でオートメーション新聞の1部を見ることができるPDFデータも用意しました。こちらもぜひご覧ください。


主な掲載記事

1面 トップ面

  • JEITA「2021年グローバルセンサ出荷数量・金額実績」、デジタル化進み拡大。352.7億個、1.9兆円に
  • 横河デジタル、LTSと資本業務提携。DXコンサル強化
  • 日立製作所、米・SI会社買収。OTからIT、クラウドまで一貫提供 整う
  • 灯台 日本の製造業の未来へのヒントになるか 日立が進めるSIアプローチ

2面〜4面 新製品・サービス、FA業界掲示板、市場動向

  • 新製品・サービス
    • FUJI 「基板組立ロボセルSW-BA」、挿入工程の自動化。スモールスタート、スカラロボット活用
    • NECプラットフォームズ、業務用タブレット端末を発売。堅牢・耐環境性を追求
    • オプテックス、防犯センサーを販売開始。高いデザイン性と検知エリア調整可能
    • シュマルツ、協働ロボット向け空圧式エジェクタ。電気式真空ポンプの4.5倍の高吸い込み量
    • 山洋電気、UPS用LANインタフェースカード。1Gb Ethernet搭載
  • FA業界掲示板
    • 安川電機、e-メカサイトの用途・事例ページにインバータとアフターサービス記事追加
    • 安川電機、コンタクトセンタの電話受付フロー変更でつながりやすく
    • カナデン、お役立ちコラム更新「圧倒的低コストで構築できるICタグ棚管理システム」
  • セミナー・イベント情報
    • 中央電子、11月1日からCECプライベート展2022開催
  • 市場動向
    • 2022年6月度配電・分電・制御装置生産実績、前年同月比11%減 463億円
    • 2022年7月度半導体・FPD製造装置販売高、勢い衰えず3205億円に
    • 2022年7月度工作機械受注、1424億円 高水準キープ、21カ月連続前年同月比超え
  • NOKベトナム工場、ダントツ品質の実現と人を尊重に取り組む

5面〜7面 配線接続機器特集

  • 配線接続機器需要が拡大。情報通信、工場、車載、インフラ設備など旺盛な投資、幅広い市場
    • 課題は素材価格の上昇、納期対応
    • 高まる省工数ニーズスプリング式採用増
    • 公共工事でも脱ネジの流れ
  • 配線接続機器 主要各社の製品紹介
    • オータックス、各種端子台。独自の金属超音波接合を駆使
    • ソルトン、ケーブルエントリーシステム。短時間配線でEMCも対応
    • 日本ワイドミュラー、SNAPIN基板コネクタ「OMNIMATE 4・0」/角形コネクタ「RockStar」。世界初の革新的接続技術
    • フエニックス・コンタクト、組立式M12コネクタ「SACCシリーズ」。2つの接続式で簡単配線
    • 不二電機工業、電線接続状態の表示(インジケータ)付きアース速結端子台「TPG形」。省工数で接続状態を表示
    • ワゴジャパン、幹線分岐用端子台「TOPJOB Sシリーズ」。1台でオールインワン
    • WashiON共立継器、盤間端子台「BKT-20形」。配線時間短縮と誤配線防止

8面 工場新設・増設情報<9月第2週>

  • 【国内】
    • 京セラ、鹿児島県霧島市の鹿児島国分工場に新工場棟。セラミックコンデンサ増産へ
    • 日本アトマイズ加工、茨城県牛久市のつくば工場で鉄合金粉末の生産能力増強
    • 三洋化成工業、茨城県神栖市の鹿島工場で集束剤の生産能力を増強 など
  • 【海外】
    • ブリヂストン、米国テネシー州のウォーレン工場でトラック・バス用タイヤ増産
    • スズキ、インドにEV向け車載用電池工場と四輪工場を建設
    • 本田技研工業、米国でLGとEV用バッテリの合弁会社&新工場建設 など

オートメーション新聞PDF電子版サービスのご紹介

オートメーション新聞は、新聞のPDFデータをメールでお送りし、いつでもどこでもオートメーション新聞を読むことができる【PDF電子版サービス】を提供しています。

【法人向けサービス】は、年間購読料3万3000円(税込)で、御社の社員全員に対してPDF電子版サービスを提供し、希望者であれば誰でもPDFデータでオートメーション新聞を読めるというサービスです。1契約で10人、100人、1000人と同一車内では人数制限なく使うことができ、大変お得になっています。

【個人向けサービス】は、個人利用に限って年間購読料6600円(税込)でPDF電子版サービスを利用できるというもの。ひと月で換算すると500円なので、大変コストパフォーマンスも良くお得なサービスとなっています。ご興味ある方はぜひお問合せください

またお試し版として無料でオートメーション新聞の1部を見ることができるPDFデータも用意しました。こちらもぜひご覧ください。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG