シーメンス、産業デジタル化で新戦略 必要な機能・要素をSaaSで提供 Siemens Xcelerator

シーメンスは、産業オートメーションとデジタル化領域における新たな戦略として、オープンなデジタルビジネスプラットフォーム「Siemens Xcelerator」を中心に進めていくことを発表した。

これまで同社は産業OS「MindSphere」を展開し、決まった単一のプラットフォームを提供し、その上にデジタル化のシステムを構築するアプローチで進めていた。しかし今回はそれを修正し、デジタル化に必要なソフトウェアやハードウェア、アプリケーション等を部品やモジュールと見なしてSiemens Xceleratorのもとで統合し、それらをSaaSで提供し、レゴブロックのように組み合わせてシステムを構築することでデジタル化のさまざまな機能が実現でき、且つ柔軟に変更もできる仕組みとした。

今後、MindSphereはSiemens Xceleratorのなかで提供されるいちIoTモジュールという位置付けになる。
気候変動やパンデミック、国際紛争など経営環境がより不確実性が増すなかで、企業が生き残るためには柔軟性が重要となる。その柔軟性を持つためにも各企業は、リアルな現場などOTで起こる未来をITのデジタル空間でいち早く試してイノベーションの速度を上げ、且つリスクを予見して回避できるデジタルの仕組みを自前で保有する必要がある。そこに向けてSiemens XceleratorはSaaSモデルで提供することで、1つの工程や機能から始められ、かつ大規模なシステム構築が必要なくなり、スモールスタートや中小企業向け、さらには状況に応じたシステム変更が多い企業に最適となっている。

https://new.siemens.com/jp/ja.html

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG