OKI、埼玉県本庄市にDX実践の旗艦工場「本庄工場H1棟」が本格稼働

OKIは、埼玉県本庄市に、DX新戦略のフラグシップ工場となる「OKI本庄工場H1棟」が本格稼働を開始した。

H1棟は、通信端末やAIエッジコンピューター、社会インフラシステム、EMS/DMSなどの製造を担い、同社の製造業DXを実現するソリューションコンセプト「Manufacturing DX」を現場で実践する。最新のAI画像解析技術により製品検査・品質管理の精度向上と自動化・省力化を実現する外観異常検査システムや作業行為判定システム、変種変量生産で頻繁に行うライン変更に効率的に対応する協働ロボットや自社開発の自動搬送システムなど、Manufacturing DXを構成するさまざまな技術を現場で試し、ここで実証された技術、プロセス、ノウハウを外販し、製品とソリューション、「ものづくり総合サービス(EMS/DMS)」として提供していく。

新工場は、地上2階建ての全面免震構造の鉄骨造で、建物面積は9789平方メートル、延床面積は1万8838平方メートル。投資金額は60億円。

https://www.oki.com/jp/press/2022/07/z22018.html

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG