小林製薬、宮城県黒川郡大和町に世界供給対応の医薬品工場を建設

小林製薬は、100%子会社の仙台小林製薬敷地内(宮城県黒川郡大和町松坂平4-3仙台北部中核工業団地内)に、「全世界に供給可能な医薬品工場」をコンセプトとする医薬品工場を建設する。6月の着工を前に、5月20日に起工式を実施した。

新工場は、薬局やドラッグストアなどで処方せんなしに購入できる医薬品となるOTC医薬品の製造を担い、国際基準であるPIC/S、GMPに準拠し、世界各国の法規制に対応した製品を製造して海外へ展開する中核拠点となる。構内物流の自動化やデータ活用のシステムを構築し、さらにエネルギーマネジメント

システムも整備してスマート工場を目指す。
延床面積2万6300平方メートル、建築面積は1万4880平方メートル。洗眼液や消炎鎮痛薬などを生産し、生産能力は約4000万本。投資金額は200億円から250億円。2024年中の竣工、2025年中の稼働を目指す。

https://www.kobayashi.co.jp/newsrelease/2022/_6/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG