春なのに新聞は冬の時代に突入。DXで雪を溶かす

電通は2021年の日本の広告費に関する調査を発表し、統計史上初めてインターネット広告費が新聞や雑誌、ラジオ、テレビのいわゆる「マスコミ4媒体」の広告費を上回ったと発表した。インターネット広告費は2兆7052億円で、マスコミ4媒体は2兆4538億円。

インターネットは生まれてからずっと成長を遂げ、いまや私たちの生活はインターネットがなければ成り立たない。そう考えればマスコミ4媒体の広告費がネットに追い越されるのは当然のこと。とは言え、新聞発行を生業とする当事者として、ショッキングな事実であることは確かだ 。

オワコン(終わったコンテンツ)と言われ、冬の時代を迎えている新聞業界。そのなかでいかに生き残っていくか。まさにいま勝負どころを迎えている。楽観的観測はできないが、あまり悲観的にも見ていない。

それは、結局のところインターネット広告もテレビCMも新聞広告も、広告出稿する媒体が変わっただけで、広告出稿自体が減ったわけではないからだ。新聞屋やテレビ屋には死活問題かもしれないが、情報を拾ってユーザーに届けるのが仕事であり、媒体はただの掲載や閲覧の手段でしかないと考えのなかでは、広告費全体が増えている状況は良い知らせでしかない。あとは時代に合わせたお届け手段を検討し採用するだけだ 。

オートメーション新聞は今、紙の新聞、PDF電子版、WEB、SNSで情報を配信している。1つのニュースが複数の方法で発信され、ユーザーは自分の好みの媒体で読むことができる。新聞一辺倒からマルチメディア化している。大事なのは、新聞を印刷して配達することではなく、ニュースをユーザーに届けることを生業と認識し、そこに向かって努力すること。これはまさに「モノからコト」への変革で、DXだ。

環境に適応するものだけが生き残る。オートメーション新聞は変化を恐れない。それどころか思いっきり楽しんでいる。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG