JECA 3年ぶりに開催 6月1日から「JECA FAIR」東京ビッグサイト脱炭素への挑戦披露

日本電設工業会(JECA)は、3年ぶりとなる「JECA FAIR2022」を、6月1日から3日までの3日間、東京ビッグサイト東1・2・3ホールで開催する。今回のテーマは「”脱炭素”へのチャレンジ 電設技術が未来(地球)を守る」とし、出展者数は201社・団体、727小間の規模で行われる。

例年は、電線・ケーブル、電路、配線器具・資材、照明器具、受配電盤・キャビネット、電力制御機器、蓄電機器、自家発電・エネルギー機器などが出展されるが、今回は省エネや施工の省力化・効率化に向けた製品、IoTを活用した製品等の出品も増えている。

セミナー・講演は、特別講演として6月1日13時半から慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授の岸博幸氏を招き、「これからのビジネスを取り巻く経済動向とIT戦略」を予定している。また出展者プレゼンテーションセミナーとして各社の最新技術やノウハウ、新製品等をプレゼンし、22社24講演が行われる予定となっている。

また、61回目となる製品コンクールは50社が参加(4月5日段階)。会期中は会場で参加製品をパネル紹介するほか、JECA FAIR公式サイト上に注目製品として取り上げられる。6月15日には受賞製品が決定し、優秀と認められた技術・製品は国土交通大臣省や経済産業大臣省、環境大臣賞が授与される。

このほか主催者コーナーとして、電設業界の知名度と入職促進を図るための電気設備業界プロモーションコーナーを設けPRビデオを放映するほか、復興支援コーナーでは日本全国で被災した地域の物産品を販売し、復興への協力を行う。

なお同時にオンラインでも展示会を開催し、5月9日から7月29日までJECA FAIR公式サイトで出展製品などさまざまな情報を発信していく。

新型コロナウイルス感染症対策として、来場は原則として事前の来場予約者のみを受け付けている。来場事前登録はhttps://f-vr.jp/jeca/2022_registration/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG