アイ・ビー・エス・ジャパンが販売 Neousys Technology製 BOX型PC、フレームグラバーカード

アイ・ビー・エス・ジャパンは、Neousys TechnologyのBOX型PCとフレームグラバーカードの新製品を発売した。

Nuvo-8000シリーズは、最大5基のPCIe/PCIスロットを搭載した第9/8世代Intel Corei7/i5/i3シリーズ拡張BOX型PC。ラックマウント型やウォールマウント型のIPCシステムの置き換えに最適。

Nuvo-8034シリーズは、第9/8世代Intel Core i7/i5/i3プロセッサを搭載し、コンパクトなサイズに7個のPCIe/PCI拡張スロットを搭載した新しいタイプのBOX型PC。最新のAIアプリケーション向けに、180WのNVIDIA GPUを1基搭載可能。3つのPCIスロットは一般産業用途のレガシーPCIカードに対応している。

PCIe-PoE354at/352atはサーバグレードのGigEコントローラと802.3at PoE+機能を組み合わせた世界初のPoEフレームグラバーカード。最先端のIntel I350ギガビット・イーサネット・コントローラを搭載している。

PCIe-USB381Fは、マシンビジョンアプリケーション向けの産業用8ポートUSB3.1Gen1(旧USB3.0)フレームグラバー/ホストアダプタカード。x4 PCI Express Gen2インターフェースと4つのFresco FL1100SX xHCIコントローラを搭載し、4台のUSB3カメラを同時に使用した場合、ポートあたり最大400MB/sのデータ転送速度を維持し、8台のカメラを接続した場合は合計1600MB/sの帯域を提供することが可能となっている。

https://www.ibsjapan.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG