IAI「エレシリンダー」製品を大幅強化 手のひらサイズ超小型タイプ登場

アイエイアイは、電動アクチュエータ「エレシリンダー」の製品ラインアップを強化し、手のひらサイズの超小型タイプをはじめ、ロッドタイプ、ストッパーシリンダー、スライダータイプ、ワイドスライダータイプの製品を追加した。

超小型タイプは、スライダータイプ「EC-SL3」、ロッドタイプ「EC-GDS3/GDB3」、テーブルタイプ「EC-T3」を発売。これまでになかった手のひらに収まる超小型サイズながら、モータとエンコーダ、コントローラを内蔵したオールインワンタイプ。エアは不要で、必要部品が全て組み込まれているため設計が簡単となっている。小型シリンダーのスピード調整の難しさに関しても、低速から高速まで速度は1%から100%の数値で誰でも簡単に設定可能。寿命は500万回往復で、モジュラー構造なので故障の際は本体またはモータ・コントローラユニットを交換すれば良く、メンテナンスは簡単となっている。

最大速度は200ミリメートル/s、最大押付力は17N(EC-SL3は16N)、最大可搬質量は水平2キログラム垂直0.8キログラム(EC-GDS3/GDB3は0.7キログラム)となり、生産設備内の搬送・組み立てやセット・切り出し、挿入などのアプリケーションに最適。

ロッドタイプは、ダブルガイド付きエレシリンダー「EC-SRG11」と「EC-SRG15」を発売。コンパクトサイズで製品幅112ミリメートルからラインアップし、全機種コントローラを内蔵。ボールブッシュガイドが付いているため、リフターやプッシャーなど搬送用途に最適となっている。

ストッパーシリンダーは、小型タイプとして「ECーST11」「ECーST15」を発売。コンパクトサイズで製品幅112ミリメートルからラインアップし、すべりブッシュ構造でラジアル方向の衝撃化中に強く、ストッパ用途に最適。

スライダータイプは、長ストローク対応品を発売。小型筐体を維持しながら最大400ミリメートルの長ストローク化を実現した「EC-DS3□A」や高剛性で最大1500ミリメートルの長ストローク、最大可搬51キログラムの「EC-DS7X□AH」など12機種を追加。全機種デジタルスピコンに対応し、数字を入力するだけで動かすことができ、立ち上げ後の調整も簡単となっている。

ワイドスライダータイプは、クリーンルーム仕様の4機種を追加。ISOクラス2.5/3に対応し、クリーンしたての搬送に最適。1日8時間使用でかかる電気代は0.9円と省エネ。設定は本体上部のキーシートだけで位置と加速度、速度、減速度の設定や試運転ができ、PCやティーチングボックスに接続せずに現場で簡単に作業ができる。また、長手方向の設置スペースが限られている場合に最適なモーター折り返しタイプ4機種も追加した。

https://www.iai-robot.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG