Edgecrossアワード 大賞は立花エレテック クラウド活用し業務可視化

Edgecrossコンソーシアムは、第3回「Edgecrossアワード」の受賞者を決定した。同アワードは、Edgecrossの普及推進に貢献した企業等を表彰する制度。

大賞は立花エレテックで、海外からのリモート監視も視野に入れたEdgecrossとクラウドを活用した可視化システムと現場でデータ確認ができるアンドンシステムを実現した。また、Edgecrossの利点であるデータ収集内容の変更の容易性も実証し、Edgecrossのソリューション活用の幅を広げた。

優秀事例賞はHCIで、Edgecrossを活用した複数拠点のデータ統合システムと、工作機械からのデータ収集システムを実現した。

優秀認定・登録製品賞は、NTNとパトライト。
NTNの軸受け診断エッジアプリ「BearAPP」は、エッジアプリーション認定を取得し、Edgecrossを活用した軸受け診断が可能になり、予兆保全に向けたEdgecrossのソリューション強化に寄与。

パトライトの設備トラブル迅速改善に貢献する積層情報表示灯「LA6-5DSNWB-DSNWB-POE」は、エコシステム・ソリューション登録で、Edgecrossと連携した現場状況のリモート監視およびデータ読み出しが可能となり、製造現場の見える化に向けたEdgecrossのソリューション強化に寄与。

功労賞は日本マイクロソフトで、部会や各WG等に積極的に参加し提案活動をした。

https://www.edgecross.org/ja/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG