新規顧客であふれるロボット市場 各社はもう一度自社の強みを訴えよう

国際ロボット展が盛況のうちに閉幕した。今回の印象は、各社が自分の得意領域をロボットやアプリケーションに落とし込み、独自色が強く出ていて、ロボット市場の成長と充実を感じることができた 。

例えば、ロボットメーカーとシステムインテグレーターの役割の明確化。前回はロボットメーカーのブースにSIerがアプリケーションを展示するケースが多かったが、今回は、ロボットメーカーはロボット本体の機能や性能、ロボットを中心に、機器同士がつながる未来の生産工程の姿などを展示し、SIerはロボットでこんなことができるといった個別アプリケーションの訴求に存在感を発揮した印象だ。またロボットメーカーの中でも、ヤマハはモビリティと自動運転、エプソンはセンサと色管理、三菱電機やオムロンは制御機器との連携による総合力など、各社の得意領域を生かして個性がにじみ出ていた 。

いまロボット市場は新しいお客さまであふれている。彼らが従来のお客さまと異なるのは、彼らはロボットに対しての知識や技術は浅く、フラットなものの見方ができるということ。つまりは、彼らのなかではロボットメーカーは横一線。従来のお客さまが当然理解しているようなロボット各社の違いや強みの認知度は決して高くない状態だ。

そこで各社がやらなければならないことは、自社をどう差別化して魅力的に見せるかというreブランディングだ。どんな企業にも個性がある。しかし新規のお客さまはそれを知らない。ロボット市場は新市場と認識し、もう一度、自社の強み、特長を整理して外に打ち出す。ロボット各社には、そうした作業を継続的に行うことが必要だ。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG