【国際ロボット出展内容紹介】三菱電機 理想のものづくり ソリューション提案 ロボティクスで最適化実現

三菱電機は国際ロボット展で、「ロボティクスで、ものづくりのDXを理想のカタチに」をテーマに、ロボットを中心としたスマートファクトリーを実現する各種ソリューションを、リアル展(小間番号:E5-11)とオンライン展に出展し、訴求する。

リアル展では、設計段階からのDXによる工場の最適マスカスタマイゼーションの実現に向けて、同社のFA機器と協働ロボット、産業用ロボット「FRシリーズ」、AI技術(MELFA SmartPlus)とを高度に連携させ、エンジニアリングチェーンとサプライチェーンの両軸でさまざまなデータ活用方法を提案することで、各工程を最適化したスマートファクトリーの実現を目指す。

また、協働ロボット体感コーナー、最先端技術コーナー、ロボット新製品コーナーのほか、アミューズメントコーナー、MELFAロボットパートナーコーナーなどもある。
 なお、オンライン展ではリアル展と連動した豊富なコンテンツ・各種資料や、オンラインセミナーを視聴でき、リアル展の会場に来場の難しい方も同様のコンテンツを閲覧できる。

https://www.mitsubishielectric.co.jp/fa/compass/exhibition/2022/irex2022/index.html

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG