IDEC セーフティエッジスイッチ 小型、薄型で最適化 工作機械の自動扉 AGV・ロボット

IDECは、工作機械などの自動扉やAGV・AMR、サービスロボットに設置できる小形のセーフティエッジスイッチ「E30BK1形」=写真=を発売開始した。

同製品は幅22ミリメートル、高さ20ミリメートルの小形・薄形で、工作機械の自動扉やAGV・AMR、サービスロボットに簡単に取り付けることができるセーフティエッジスイッチ。安全リレーモジュール「HR6S-AK形」と組み合わせることで、感圧装置の国際安全規格「ISO13856-2」と安全関連部の「ISO13849-1」に適合し、自動扉の開閉速度を高めて生産性向上を可能にする。

またゴム部は耐油性のあるNBR素材を採用し、オイルミストが飛散する工作機械やその周辺などの厳しい環境下でも使用できる。最小曲げ半径R80で曲げて使えることで、より小形のAGVやロボット等にも設置可能。

また取り付け部のアルミチャネルとセンサ部を取り外しでき、自動扉やAGV等にアルミチャネルを固定してからセンサ部の取り付けが可能。組み付けがしやすい設計となっている。

用途に応じて標準タイプとスタッドタイプの取り付けタイプ2種類と、AGV向けのハイキャップ、自動扉向けのローキャップの配線タイプ2種類、合計4タイプをラインアップしている。

https://jp.idec.com/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG