横河電機 統合情報サーバ更新 クラウド上の動作実現

横河電機は、「OpreX Control and Safety System」のラインアップとして、同社のクラウドプラットフォームであるYokogawa Cloudを介して提供できる「統合情報サーバR1.02」を開発し、3月から発売する。

「統合情報サーバ」は、顧客が所有する、各プラントの操業に関するあらゆる設備やシステムのデータを統合し、生産活動全体にとって最適な情報の管理を支援するとともに、リモートオペレーションの環境を提供することで作業の場所を選ばない効率的なプラント操業を支援するもの。

今回、従来のオンプレミス環境でのシステム構成に加え、統合情報サーバのクラウド上での動作を実現した。顧客は統合情報サーバを、Yokogawa Cloud とソフトウエアライセンス、および保守をセットとして利用することが可能。

また、Yokogawa Cloudと一緒に活用することで、強固なセキュリティ環境を担保する。

これにより、プラントに設置されるPCなどのハードウエアを削減することができ、ハードウエアの設置に関わる設計や構築作業が不要になり、プロジェクトの迅速な立ち上げに貢献する。しかも、ハードウエアを購入せずに立ち上げることが可能なため、初期導入コストが削減できる。

さらに、ハードウエアが削減されたことによる保守作業も低減でき、サーバ容量の増設などもクラウド上で可能になるため、運用時の環境の変更にも迅速に対応できるなど、安全で効率的な運用ができる。

価格はクラウドとの利用で120万円から/年間(保守費込み)。販売目標は年間100ライセンス(海外含む)。

https://www.yokogawa.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG